末廣由岐夫の名言|歩いたり走ったりすると、頭の中が整理され、考えをまとめることができたり、ふとアイデアが浮かんでくる

歩いたり走ったりすると、頭の中が整理され、考えをまとめることができたり、ふとアイデアが浮かんでくる。

末廣由岐夫 の経歴

末廣由岐夫、すえひろ・ゆきお。日本の経営者。「嘉穂」社長。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

メディアの中で文字となって広く消費されると、新しい言葉や、意味が変わった表現も力強く流布していく。「新聞でも書いているんだから……」と古い価値観のオトナまで取り込み、「当たり前の表現だ」と残っていくわけですね。逆から見てみると、それだけ力があるだけにマスコミが文字化する言葉には気をつけたほうがいいのかもしれません。「増える外国人犯罪」とか「キレやすい老人」とか。新聞や雑誌の見出しになると、そこに統計的なデータがなくとも、力強く染み込んでいきます。いつのまにか既成事実となって、広く当たり前のこととして残っていく。言葉、というより文字にはそれくらいの力があるわけですから。

金田一秀穂の名言|力があるだけにマスコミが文字化する言葉には気をつけたほうがいい


「雇われ脳」の特徴のひとつが、目先のお金に執着しすぎることです。「ガチョウと黄金の卵」というイソップ寓話と同じです。近視眼に陥り、ガチョウの腹を開けてしまった結果、すべてを失ってしまうのです。歴史をもっと学んで、長期的なものの考え方を身につけるといいと思います。

北川邦弘の名言|目先のお金に執着しすぎないことが大切


ネット社会では、会社も個人も24時間、他人に見られているようなもの。まっすぐに、良い仕事をしているのか。今も、それを常に問われていると思いながら仕事をしています。

佐々木かをりの名言|まっすぐに、良い仕事をしているのかを常に問われている


このような国際環境の中では、我が国も百年の大計を立て、外国企業の直接投資自由化にも積極的な姿勢で取り組み、また日本企業の海外進出も進んで行うべきである。かくて、経営や資本そのものが日本へ入り、日本からも盛んに出ていくのが、将来の大勢ではないかと思う。こうなると相互にワールドエンタープライズへの発展ということになる。

堀江薫雄の名言|世界と相互に経営や資本をやり取りする


飛行機が離陸するときにはパワーが必要ですが、それを終えて水平飛行の状態に入ってしまえば、楽になるもの。ここで重要なことは、楽になっても、途中で着陸してしまわないことです。長期休暇に入ると、開放感からつい羽を伸ばしてしまいがちですが、休暇明けは仕事のペースを取り戻すのに苦労しがち。せっかく前倒しで仕事を進めても、一度ペースを崩してしまうと、軌道を元に戻すのはたいへんだということを肝に銘じておきましょう。

大橋悦夫の名言|仕事のペースを崩さないことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ