倉本聰の名言|真実を語るのは、人の態度である

このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉だけでは真実は語れない。真実を語るのは、人の態度である。


倉本聰 の経歴

倉本聰、くらもと・そう。日本の脚本家、劇作家。東京出身。東京大学文学部美学学科卒業。ニッポン放送に入社し、ディレクター、プロデューサーを経て脚本家デビュー。その後独立。ドラマ『北の国から』をはじめ数多くのヒット作を生んだ。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

地方創生大臣をやって強く感じたのは、地域のことは霞が関でも永田町でもわからないということ。その地域の農業の生産性を上げるために、製造業の生産性を上げるために、移住者を増やすためにどうあるべきというのは、その地域で答えを見つけていくしかない。

すべての投資が成功するわけではない。むしろ、失敗の方が多い。しかし、大ホームランを逃さないように、私に投資情報を上げるように言っている。

我々の哲学は「走る歓び」。それを感じてもらえるクルマ作りにフォーカスしています。この点は、曲げるつもりはありません。受け入れてくれるお客様に今、買っていただいています。

完璧主義のやり方は、限界を迎える。仕事をさばききれなくなります。特に、部下をまとめるマネジャー以上のポストの方はそうです。

私はパーティーを主催するとき、紹介役に徹します。紹介した人同士が仲良くなると、そこから次のビジネスやイベントが生まれたり、新しい人を紹介してくれます。人と人をマッチングさせることで、紹介された人同士も、紹介した僕もハッピーになれる。そうした関係が、楽しいんです。

僕にとっての幸せとは、やりたいことをやれる自由と好奇心を持っていられることです。

結局、評価はその時々の上司の考え方ひとつで変わるから、短期的な評価に一喜一憂しても仕方ありません。それよりも、会社のミッションを理解して実現する努力をした方が、中長期的に良い評価につながるはずです。

会社員と起業家では、物事の考え方から行動パターン、醸し出す雰囲気まで、全く違うもの。しかし、独立直後から急に変われるはずもありません。副業で活動し、会社の肩書きに頼らず、丸裸の自分でどこまでやれるのかを味わい、経験を重ねていけば、独立前の期間で起業家脳を育てることができます。

官僚的な会社は対応に温かみが感じられませんし、伸び盛りの会社は電話の対応も、それこそ弾んでいるように感じられます。

「せっかく入った大企業を辞めてベンチャー企業に移るなんて」と両親や友人から反対されましたが、少しも迷わなかった。大企業にいれば将来安泰だという考え方に賛同できなかったし、たくさんの経験を通じて、力をつけられる場に身を置きたいという気持ちが強かったからです。

ページの先頭へ