有本隆浩の名言|誰も手掛けていないマーケットを創ってきた強みがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

当社の強みは、すべてフロンティアでビジネスを創ってきたこと。誰も手掛けていないマーケットを創ってきた強みがある。


有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

毎日、「辞めろ」と言われ続けました。辞めるのは簡単ですが、経営を立て直すのが仕事である経営者がここで辞めたのでは、あまりにも無責任だと思ったんです。「軌道に乗るまでは絶対にやめるな」というのが周囲の大半の意見でしたし、僕自身もそう思いました。
【覚書き|日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の合併後、大きなシステムトラブルが起きた当時を振り返っての発言】

父は、同族企業特有の苦労をさせたくないという親心からでしょうか、私の入社を反対。決意から一年がかりで父を説得し、入社することとなりました。

『相棒』の右京の台詞で「もし、人に限界があるとするならば、それは諦めた瞬間でしょう」という言葉があります。まさに仕事も同じでしょうね。諦めるか、諦めないかは自分でしか決められない。

1軍から5軍までレベルの違う社員がいたとします。このとき各軍から社員を選んでチームを組ませるのは、人の心理がわかっていない証拠です。人は基本的に自分より優秀な人が嫌い。実力が違う者同士が組むと、デキない社員のほうがヘソを曲げて力を発揮しません。運動会を思い出してください。自分より確実に足の速い人と同じ組になると、負けることが見えているので、まともに走る気にならなかったはずです。本気になって走るのは、ほぼ同じ実力の人と一緒になったときです。

私はグローバル企業でさまざまな国の人たちと仕事をしてきました。そして、世界共通の言葉はロジックだと確信しています。ロジックが正しければ、お互いの文化や背景が違っても、相手の性格がどうであっても、必ずわかってもらえるのです。

私自身、コンチネンタルの復活劇を経験しておりますので、我々の会社の強みは熟知しているつもりです。素晴らしい従業員に恵まれ、資産、機材をいくつも持っています。骨組みはしっかりしていますが、適切な良い文化、企業文化がないと生かせません。

商品の短所も、早い段階で伝えますね。「私は正直者なので、先に弱点を言っちゃいますが」と話した後、すぐに弱点を打ち消すだけの強みを並べます。良いことばかり言われると、「何か隠しているのでは」と疑心暗鬼になる。あえてデメリットを見せたほうが、相手はこちらを信用してくれます。

日々の積み重ねによる開発力と大きな成果こそが会社の原動力です。そのためには、持続可能な開発体制がかかせません。

できるかどうかわからないことに挑むからこそ、達成することに価値を感じられる。

いまあなたは明日のことや、昨日のことを考えすぎている。明日ではなく、昨日でもなく、いまを考えて欲しい。いまという現在に生き、この瞬間に力を注いでください。

ページの先頭へ