有本隆浩の名言|誰も手掛けていないマーケットを創ってきた強みがある

当社の強みは、すべてフロンティアでビジネスを創ってきたこと。誰も手掛けていないマーケットを創ってきた強みがある。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

論理的に話せば、相手は理解できる。しかし、ビジネスの現場でも、頭が整理されないまま話している人は多い。何が言いたいのかと聞いていてイライラすることもありますよ(笑)。

コミュニケーションが目指すのは、相手とイメージを共有すること。それは結局、相手の言ったことを「抽象的に言い換える」か「具体的に言い換える」かで実現される。「相手が求めているのは抽象化か、具体化か」を意識すると、説明がぐっと分かりやすくなる。

ロジックから入るアメリカ人とは異なり、「機械の使い勝手を良くしたい」とiモードや第3世代携帯電話を生み出した日本人的発想と、失われていない製造業のノウハウは重要な要素だと思います。

自分の研究が、世の中の人々の役に立てばいいと思ってやっています。

新卒採用も会社の活性化を後押ししました。育て甲斐のある後輩が入ったことで、社員の指導者としてのスキルが上がる。素直でかわいい新卒によって社内士気も高まる。新卒社員は入社時から新規事業立ち上げという使命を与えているのでポテンシャルを生かせる。このように、新卒採用は会社に対して様々なプラスの効果をもたらしたのです。

人の命わずかの間なれば、むさき心底(卑しい動機)、ゆめゆめ、あるべからず。

意志決定のスピードは場数がモノをいう。たくさんの経験を積むことが大切。

人の文章も何度かまめると、「これは毎回使うフレーズだ」「お客様にも見せる場合は、いつも構成が同じ」というように、何らかの共通項が見つかります。それに気づけば、自分なりのフォーマットをつくって作業を楽にすることもできます。そこまでいけば、すでに立派な個性です。

私は、困ったときには、動物としての本能に戻れとよく言います。自然の摂理に従えば、人間、少々のお金がなくても生きていけることがわかります。自然の摂理、つまり、本能に従って、自分にはどんなことがやれるだろうかと必死に考え、生きるためだけにやった経験は、多ければ多いほど、あなたにとっての糧になります

思考回転型の人は、「いまあるものでどうにかできないか」と考えます。どんな状況下でも、常に「いま自分ができることは何か」と自分に矛先を向けて考えるのです。それが「考え始める」という高い敷居を飛び越えるきっかけとなり、どんどん思考を回転させていくことができるわけです。

ページの先頭へ