有本隆浩の名言|当社は、景気がどん底の時代に、次の成長の芽を仕込んできた

当社は、景気がどん底の時代に、次の成長の芽を仕込んできた。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

幼いころから自分で何かつくってまわりに発信することが好きでした。そういう意味ではミュージシャンでもよかったのですが、そっち方面は才能がなくて。じゃあ、自分に何ができるのか。そう考えたときに、社長になって事業を通じて世の中に発信することが向いているんじゃないかと。

村上太一の名言|自分が何に向いているか考えることが大切


私の姿勢は一貫して、業種や業態を超え、文化を求心力にしながら仕事を進めるという信念に基づいています。とくに教育は文化風土を育むことが大切ですね。人間には、善い面と悪い面があるものです。それを望ましい方向に導き、文化的価値を生み出すこと、その営み全てが教育でもあり、文化でもあるといえるのではないでしょうか。

北山ひとみの名言|文化を求心力にしながら仕事を進める


支援活動を通じて、人々が支え合うとか、何かに気づくとか、そういう個人や社会の「アンテナのレベル」がもっと高まればいいなと思います。決して大それたことではないはずなんですが。でかい箱物を作って、復興のシンボルにする時代ではないですよ。もっとソフト面での変化というか創出というか。人が周りを気遣ったり、声をかけ合ったり、支え合ったりできるようにする。そういう社会になるための、今は転機だと思います。

湯浅誠の名言|支援活動を通じて、人々が支え合うとか、何かに気づくとか、そういう個人や社会の「アンテナのレベル」がもっと高まればいいなと思う


ハイネケンでは「ブランディング」という考え方を知りました。キリンビールの営業時代、私はとにかくビールをたくさん売ることに夢中で、売った後のビールが飲食店で、お客様にどう飲まれているかなど、考えたこともありませんでした。

三宅占二の名言|売った後のことを考える


休日は、自分のやりたいことに丸々費やしましょう。観たかった映画を観る、行きたい場所に行ってみる、買い物に出かけるなど、過ごしたいように過ごすこと。その休日のインプットが、仕事でアウトプットに生かされることもあるでしょうが、あまりそこは考えずに質のいいリフレッシュを心がけることです。

弘兼憲史の名言|休日は、自分のやりたいことに丸々費やしましょう


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ