森川亮の名言|スピードを落としたら競合に負けてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

一番大事なのはスピード。スピードを落としたら競合に負けてしまう。


森川亮 の経歴

森川亮、もりかわ・あきら。日本の経営者。「NHN Japan(のちのLINE)」社長。神奈川県出身。筑波大学(第3学群情報学類情報工学専攻)卒業後、日本テレビで幅広いメディア事業に約10年間従事。青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課程でMBAを取得。その後、ソニーを経て韓国系大手オンラインゲーム会社ハンゲームジャパン(のちのNHN Japan)に入社。ハンゲーム事業部長、取締役、経営企画部門統括、副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕の場合(午後に眠気が襲ってきた場合)は突然掃除をはじめます。デスク周りを整理すれば、脳も机もすっきりする。仕事をしているようにも見えるという利点もあります。

技術が高度化・成熟化する時代では、部署の壁を越えた連携、他社との連携など、いろいろな形の連携が重要になってきます。テクノロジー・ブレイクスルー(技術突破)から、テクノロジー・フュージョン(技術融合)の時代になったと思います。

日本の革職人の現場では、海外ブランドの下請けや低価格で作らされるなど、優秀な職人が正当に評価されていないことを疑問に思いました。日本製の商品は、技術が高くて製作に時間がかかり、価格は高めです。そうした価格設定をお客さまに認めてもらうために、日本で長く培われてきた贈答の文化に着目しました。自分の物であれば安い商品でも十分ですが、人には少し高くても、きちんとしたものを贈りたいですよね。

私は以前、大手企業でシステムエンジニアをしていました。職場では長時間労働が常態化していて「子供に『今度、いつ来るの?』って聞かれたよ」と笑いながら言う先輩もいた。仕事は好きだったので、それでいいと思っていたのですが、子供ができたと妻から聞いた瞬間に、未来の我が家の寒々しい光景が頭に浮かんだんです。いつも仕事で家を空け、家族に口をきいてもらえず「俺はおまえたちのために働いているんだぞ!」と怒鳴っている自分の姿です。そして、「このままでは、これが現実になってしまう」と危機感を感じ、自分にとって幸せとは何かと考えました。そこで仕事と家庭を両立させるために、自分で会社をつくろうと思ったんです。

大切なのは、「風に聞け、波に学べ」。ヨットは風や波を見て一歩先を読み、操縦する。経営も同じ。

私の経営の基本コンセプトは、みんながハッピーで楽しく仕事したいという会社をつくることです。そして世界中にファンや親友をつくることです。国によって違う制度や慣習を学びながら、人種も肌の色も年齢も越えて友達の輪を広げていこうと思っています。コスモポリタン(世界市民)としての日本人を世界にアピールしていきたいです。

いつまでもただの弟子でいるのは、師に報いる道ではない。

謝罪の言葉は当然必要ですが、それだけで先方が納得することはないでしょう。誠意も大事ですが、目に見える形で自ら罰を受けることを表明するのです。不良品に換えて納品し直すときに納品数を割り増しする、また次回納品分の料金を大幅に値引く、といった先方にメリットとなるような対処がコトを収めるのにはもっとも適切といえるでしょう。表面上は渋い顔をしていても、贈り物や割引というご褒美がうれしくない人はいないのです。

ちょっと周囲を見回してみてください。目に入る人がみんな、「自分が一番すごい、自分が一番かわいい」と思っているのです。話し方を考えるなら、ここから出発することがとても重要だと思います。

大事なことは、肩書とか、立場を離れて議論して、結論が出たらとにかくそれを全員でやるのです。人様からいずれ、「第一三共ウェイ」と言われるような、我々の流儀を生み出していこうと思っています。

ページの先頭へ