本庄八郎の名言|お客様第一主義が伊藤園経営の中核

お客様第一主義が伊藤園経営の中核。お客様とは、商品を買っていただく消費者だけでなく、原材料の購買先、地域社会と私たちと取引や関係のある企業や人たちすべて。

本庄八郎 の経歴

本庄八郎、ほんじょう・はちろう。日本の経営者。「伊藤園」社長。兵庫県出身。早稲田大学第一法学部卒業。兄・正則とともに「フロンティア製茶(のちの伊藤園)」を設立。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「シーソー褒め」という伝え方もあります。自分を低く表現することで相手の良さを際立たせる方法です。たとえばプレゼンを終えた相手に、「私なら、緊張で足がすくんでしまいそうです」と言えば、相手の落ち着きを褒めたことになりますね。この方法は、相手が目上である場合も便利です。上司や年長者に向かって「お話が上手ですね」と言うとかえって失礼な印象になりがちですが、「私はまだまだ、とても部長のようには話せません」と言えば、自然な形で尊敬が伝わります。

谷口祥子の名言|年上を褒めるには


重要なのは経験。何ごともやってみないとわからないし、経験せずして人間は成長しません。

大塚周一の名言|何ごともやってみないとわからないし、経験せずして人間は成長しない


人を採用して、私自身が一番変わりました。4年制大学を出た前途ある若者たち。どこの色にも染まっていない純白の若者たち。私には、彼らに対して責任が生じる。これまでに述べたように、私の事業の目標は一流ブランドをつくること。うちの名刺を出したときに、彼らが胸を張れる会社にしたい。私は心底そう思いました。

木村皓一の名言|名刺を出したときに、社員が胸を張れる会社にしたい


初めてのことは9割は失敗します。それを覚悟でやらせなくてはいけない。物事はやってみなければ分からない。

山下孝一の名言|物事はやってみなければ分からない


国力を上げるのは教育とイノベーション。大学は競い合いながらも、総体として教育と研究のレベルを上げていかないといけない。

鎌田薫の名言|国力を上げるのは教育とイノベーション


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ