有本隆浩の名言|当社がこのマーケットを作ったので、シェアのほとんどを当社が持っています

正確な数字はありませんが、当社がこのマーケットを作ったので、シェアのほとんどを当社が持っています。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お金を貸して、その人が逃げたとして、それを笑えなかったら、憎んだりしたら、悪いのは僕なんです。貸したのは自分なんだから。絶対に人を恨みたくないんですよね。

私が東大で教えていた時代、優秀な高校の出身者ほど、大学に入ったあとも「俺の方が知識が豊富だから、あいつより頭がいい」と決めつけたり、あげくの果てに「僕は人との議論で負けたことがない」と豪語する傾向がありました。愚かなことです。議論は相手を言い負かすためにやるものではありません。自分の視野を広げ、知識が浅かったり、不十分だったりする部分を再認識し、補うためにやるのです。

従来の繊維産業、旧来の小売業にとどまっていては生きていけない。それには自らが創り出すという考え方が必要。

苦手意識があると、プレッシャーを感じますよね。でも、どうあがいても、その日がきたらやらなくちゃいけない。それならば、納得のいくまで練習をするしかない。

「健康で強い組織」を創るには従業員だけでなく、リーダー自身の変革が必要です。そこで、従来の君臨するリーダーではなく、従業員が活躍できるように支援する、新しいリーダー像「サーバントリーダー」を発信していきます。

私が社長のときは、商品自体の開発からパッケージの意匠、工場の機械化と、それこそ隅から隅まで自分が見てましたが、いまの社長は、より大きな方向性を掲げて進めていくというのが流儀ですね。

段取り下手な人ほど、なるべく仕事を早く終えようと、ギリギリの日程を組みたがる傾向があるような気がします。しかし、これはNGです。予期せぬトラブルなどを想定し、ある程度の余裕(バッファ)をもたせたスケジュールを組むことが大切です。

私はデスクワークの日には、午後2時頃に昼食をとります。正午過ぎが最も企画分析力が高まるから。考えごとはこの時間帯に限ります。

「お客様評価日本一」は、それが何かを、社員、代理店さんも含めて理解した上で初めて実現するものだと考えています。

セブンイレブンは今年2月に国内店舗数が1万5千店を突破しました。ただ、「○○年までに店舗数1万5千店達成」といった目標を掲げたことは一度もありませんでした。1万店突破時も同様です。顧客にとっての利便性を高めるという本来の目的を実現するため、店舗数よりも、一店一店の質を高めることを第一の目標に据えたからです。1万5千店という数字はその結果として出たものです。

ページの先頭へ