有本隆浩の名言|特化型で1等賞になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

やるからには1等賞になるぞという思いがあった。ただ、総合型に走っても大手には勝ちにくいので、特化型でやろうと。そこで、管理部門に特化した紹介業をスタートさせた。


有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

厳しい時に守りに入れば利益水準は維持できる。でも、そうではなく、次の投資をしてもう一度回復させるということが重要です。

明確なコンセプトのもとで、提供する商品の照準を絞り込んでいく。絞り込みとは別の言い方をすれば、顧客に対してレコメンド(推奨)することです。照準を明確に絞り込むほど、顧客にとって価値がとらえやすくなる。モノが余り、消費が飽和したいまの時代には、顧客が店に合わせて買い物をするのではなく、店の方が顧客に合わせ、レコメンドする価値を絞り込んで提供する必要があるのです。

最も脳内伝達物質が減ってしまうのが「同じことばかり考えているとき」です。仕事でも家事でも、ずっと同じことばかり考えていると脳内伝達物質が減ってしまうのです。しかし現実的には、仕事の多くは「同じことを考える」ことが求められます。さらに最悪なのは「答えが出ない」問題。「仕事でトラブルがあり、解決策がまだない段階で謝罪に追われる」「どう考えても無理なノルマに向けて仕事をさせられる」などです。

日本の製造業は市場づくりが下手ですね。モノづくりは素晴らしいのですが、コトづくり、市場づくりが機能していないので、技術で勝ってビジネスで負けるという事態が起きます。

日常生活の楽しさを忘れてしまっては、楽しい番組作りなどおぼつかない。

時間の使い方で大切なのは長さではなく密度です。早起きをして時間を増やそうと考えるより、自分なりに集中できる時間帯を生み出す工夫の方が合理的です。早起きをしばらく続けてみて習慣化できれば、それに越したことはありません。朝がどうしても苦手であれば、夕方までにリカバリーできるような方法を考えてみればいいのです。

情報を得るのが人より少しでも早ければ、相手の一歩先を読める。

昼夜を問わずに働いた経験はその後、大いに役立った。「大丈夫です」と言い切れたのは、目的達成のために身を粉にして挑戦する業務部の文化が身に付いていたから。

「違う部署なら好きにやっても構わないが、自分の配下には置きたくない」と、これまで何人かの上司に言われたことがあります。私の持論は「どんなにいい上司でも、いないのが一番」です。人には、その人なりの人生と仕事の経験、価値観があります。上司といえど、他人が、そのコピーになることはありえないのです。

部長以上の役職では異なる利害を持つステークホルダー(利害関係者)との調整役を求められます。ときに自らは損を被るという器の大きさが要求される仕事です。

ページの先頭へ