有本隆浩の名言|特化型で1等賞になる

やるからには1等賞になるぞという思いがあった。ただ、総合型に走っても大手には勝ちにくいので、特化型でやろうと。そこで、管理部門に特化した紹介業をスタートさせた。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営の目的は利潤の最大化です。これは、私利私欲を満たすこととは異なります。社会貢献するにせよ、利益がなければできないからです。そもそも利益なくして会社は存続しません。社員や取引先はもちろん、お客様にとっても大きな損失となります。

東平豊三の名言|お客様や社員、取引先のために利潤を最大化する


お客様が困っている時には極端な話、徹夜をしてでも面倒を見てあげるくらいのマインドが必要。そうした日本人らしいマインドをいかに海外の従業員に植え付けていくかというのは永遠の課題でしょう。

野村和史の名言|徹夜をしてでも面倒を見てあげるくらいのマインドが必要


私はコンサルタント出身ということもあり、ロジカルに物事を考えることを長く教育されてきたので、すべての意思決定はロジカルです。だから、コンサルタントを長くすればするほど経営者に向かないでしょうね。社長に求められる資質は胆力ですから。コンサルタントは胆力が磨かれる仕事ではありません。パッションにロジックが勝ってしまう。

南場智子の名言|コンサルタントを長くすればするほど経営者に向かない


一律にはいえませんが、身体や財産、名誉などを侵害する可能性がある発言が恐喝になるか否かの線引きになります。レストランで料理に虫が入っていたとき、「慰謝料として1000万円払え」と言うこと自体はかまいません。ただし「払わなかったらネットに書いてバラすぞ」といった発言は問題になります。

間川清の名言|発言が恐喝になるか否かの線引きは、身体や財産、名誉などを侵害する可能性があるかどうか


気が散って集中できないときは、10円玉を平らな机の上で垂直に立て、手を離すことを3分間ひたすら繰り返してみましょう。この作業に没頭すると、あちこちに向いた意識をリセットでき、一つのことに集中した状態を作り出せます。その状態のまま仕事を始めれば、仕事にも集中して臨めるようになるんです。

森川陽太郎の名言|集中できないときの対処法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ