出雲充の名言|何かを成し遂げるには前向きに行動し、挑戦し続けるのみ

私たちは本気で世の中を変えたい。絶対にうまくいくビジネスなどあり得ないのは百も承知ですが、何かを成し遂げるには前向きに行動し、挑戦し続けるのみ。

出雲充 の経歴

出雲充、いずも・みつる。日本の経営者。ユーグレナ社長。東京大学文科三類に入学。在学中にスタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」に日本代表として出席。3年時に東京大学農学部に転部。東京大学農学部農業構造経営学専修過程卒業後、東京三菱銀行に入行。その後、株式会社ユーグレナを創業。ユーグレナ(ミドリムシ)の食用屋外大量培養に世界で初めて成功。ミドリムシで世界の食糧問題、エネルギー問題を解決するために活動した。著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』『東大に入るということ、東大を出るということ』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

君子は渇(かっ)すとも盗泉を飲まず。

吉田松陰の名言|君子は渇すとも盗泉を飲まず。


人間には本質的に、素直な気持ちで感動したいという欲求があります。それはゲストもキャストも同じです。ゲストの喜びが自身の働く喜びになり、誇りとなる。それが仕事の質を高め、ゲストの満足度を増幅していくという好循環を生み出していく。そのためには何が必要か。キャストの誰もが気持ちよく働くことのできる環境が職場にあるかどうかです。

上西京一郎の名言|従業員が気持ちよく働ける職場環境を


僕は船に弱くて、いまでも航海に出て数日間は、船酔いで死ぬような思いをしています。また、ヨットはとにかくお金がかかるというのに、僕は大金持ちでもなければ、大スポンサーもいない。だから、船に乗っていないときはいつも、必死で資金集めに走り回っています。こんな僕のどこが、才能や環境に恵まれているといえますか。

白石康次郎の名言|才能や環境に恵まれていなくても目標は達成できる


現実に断ってばかりいたら仕事はなくなります。そのとき限りで、次の依頼が来なくなるかもしれません。それを避けるためには、笑顔で断ることができなくてはいけません。相手が笑顔になって、しょうがないなと思ってくれるような断り方です。

臼井由妃の名言|相手が笑顔になるような断り方をする


人間は人と会ったときに、話すよりも先に相手の表情やお辞儀の仕方を見て、「この人は、私のことを大切に考えてくれているな」、あるいは「私のことを軽く見ているな」などと直感的に判断します。その印象は後々まで続きます。初対面であれば、第一印象は非常に大事です。

金井英之の名言|第一印象は非常に大事


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ