出雲充の名言|何かを成し遂げるには前向きに行動し、挑戦し続けるのみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは本気で世の中を変えたい。絶対にうまくいくビジネスなどあり得ないのは百も承知ですが、何かを成し遂げるには前向きに行動し、挑戦し続けるのみ。


出雲充 の経歴

出雲充、いずも・みつる。日本の経営者。ユーグレナ社長。東京大学文科三類に入学。在学中にスタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」に日本代表として出席。3年時に東京大学農学部に転部。東京大学農学部農業構造経営学専修過程卒業後、東京三菱銀行に入行。その後、株式会社ユーグレナを創業。ユーグレナ(ミドリムシ)の食用屋外大量培養に世界で初めて成功。ミドリムシで世界の食糧問題、エネルギー問題を解決するために活動した。著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』『東大に入るということ、東大を出るということ』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

美と呼ばれるものは、しばしば流行と地域で決められる。

自分と違う世界の人と会うとたくさんのヒントがもらえます。雑誌編集者、コンサルタント、ITクリエーターなど、普段仕事では縁のない人たちからの情報はすべてが新鮮です。

世の中に飛び出るためには、どこかでしゃかりきになってチャンスをつかみ取りに行くことが、絶対必要です。

人間には進歩か後退かのいずれかがあって、その中間はない。現状維持と思うのは、実は退歩している証拠だ。

もしあなたが管理職で、なぜか部下がついてきてくれずに空回りしていると悩んでいるなら、ものごとを一人で決めずに部下に相談し、部下を仲間に引き入れ、部下と責任を分かち合えるように変わることが大切です。

後継者を決めるというのは、何も次の社長一人だけを育てることではありません。その候補者のブレーンを含めて、次世代のマネジメント層を育てることなんです。つまり一人の後継者を決めることによって、次を担うマネジメント層がぐんと広がり、育っていきます。

絶望するにも才能がいる。

昼食はいつも決まったメンバーで、という人も多いでしょう。しかし、まずは半径3メートル以内にいる、あまり親しくないけれど一度ゆっくり話してみたいと思っていた部下や上司を誘ってみることからはじめてはいかがでしょう。その後、他部署の人、取引先と、誘う範囲を徐々に広げていけばいいのです。

以前は「求心型」のリーダーでした。「俺についてこい!」と牽引するタイプです。いわば、自分のために皆を働かせていたのです。いまは「遠心力型」マネジメントへ変えました。皆のために私が働く、というスタイルです。その結果、スタッフとの心理的な距離が縮まり、彼らの方から様々な働きかけをしてくれるようになりました。

いくら組織の形を変えたところで、価値観が共有されていなければ、形だけになってしまう。たとえば私たちは今、さらなる成長を目指して、「ONEエステー」という新たな方針を掲げています。その一環として、これまでバラバラに動いていた国内営業と海外営業を統合し、国内営業での成功事例を海外営業にも水平展開しやすい体制に改めました。非常に大きな変更ではありますが、ここに至るまで、会社が目指す方向や、それに対する私自身の強い想いや価値観を繰り返し社員に語り続けてきました。だから今回の変更に関しても、「この部分を社長は変えたがっているだろうな」と、皆うすうす感じとってくれていたのではないかと思います。

ページの先頭へ