木村清の名言|壁にぶつかるということは、先に進める兆候

このエントリーをはてなブックマークに追加

諦めたらそこで終わり。壁にぶつかるということは、先に進める兆候。もう一歩だけ前に進んでみればいい。

木村清 の経歴

木村清、きむら・きよし。日本の経営者。寿司店「すしざんまい」を展開する「喜代村」創業者。千葉県出身。戦闘機パイロットを目指し15歳で航空自衛隊に入隊。航空自衛隊第4術科学校卒業、大検合格。航空操縦学生になる資格を得たが事故で視力を落としパイロットの道を断念。中央大学法学部法律学科を卒業。百科事典セールス、新洋商事勤務などを経て木村商店(のちの喜代村)を創業。当初商売が上手くいかず会社が倒産寸前まで追い込まれる。手元に残った300万円を元手に築地に日本初の24時間営業寿司店「すしざんまい」を開業。その後、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ