木村清の名言|壁にぶつかるということは、先に進める兆候

諦めたらそこで終わり。壁にぶつかるということは、先に進める兆候。もう一歩だけ前に進んでみればいい。

木村清 の経歴

木村清、きむら・きよし。日本の経営者。寿司店「すしざんまい」を展開する「喜代村」創業者。千葉県出身。戦闘機パイロットを目指し15歳で航空自衛隊に入隊。航空自衛隊第4術科学校卒業、大検合格。航空操縦学生になる資格を得たが事故で視力を落としパイロットの道を断念。中央大学法学部法律学科を卒業。百科事典セールス、新洋商事勤務などを経て木村商店(のちの喜代村)を創業。当初商売が上手くいかず会社が倒産寸前まで追い込まれる。手元に残った300万円を元手に築地に日本初の24時間営業寿司店「すしざんまい」を開業。その後、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の研究が、世の中の人々の役に立てばいいと思ってやっています。

目的が明確でないと、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとプレッシャーを感じたり、あるいは優先順位の低い業務ばかりをこなして仕事をした気になったりします。それでは決して成果を出すことはできません。

「次の商談はいつにしますか?」と問われて、「来週ならいつでも結構です」と答えてしまう。これは絶対に避けなければいけません。一見すると相手を尊重しているようですが、その時点で時間を確定できないということは、「うちとの仕事をさほど重要とは考えていないのではないか」「この人は暇なのではないか」と誤解される恐れもあるからです。それ以上に問題なのは、先方に「時間の手綱」を委ねてしまうために、主体的なスケジュールづくりができなくなるということです。

とんでもない安値を打ち出すには従来の延長上でモノを考えていては不可能。スマートパーキングは最初からコストを極端に下げようと決めたからこそ生まれたシステム。今後は全国展開にも力を入れる。

部下の個性に任せると、自分の意図と正反対の方向に行ってしまうのではないかと心配する人も多いでしょう。しかし、最終的に同じ海にそそぎながら、川の流れは曲がっていてもいいのです。河口で待っていれば、川の流れを無理に変えようとしなくても、いずれ水は流れ込んでくるからです。ただし、きちんと同じ海に向かって流れてもらうためには、目標がシンプルでなければいけません。

先生が生徒と全力で向き合い、薫製(くんせい)をつくるかのように、燻(いぶ)し染み込ませていく「薫育」。これこそが、本当の教育。

どんなことでも自分で考えて仮説を立てることが、アイデアを生みだすことにつながる。

脳は年齢に関係なく、変化していきます。だから年を取っても一番強いのは、生涯現役という自覚を持つ人たちです。

近年、能力を引き出すコーチングが大ブームになり、多くの企業が導入しましたが、テクニックやスキルの習得に偏ってしまっている傾向があります。しかし、本当に大切なことは、コーチングする人の普段の「あり方」なのです。誰でも同じ事をあるAさんから言われたら納得するけれども、Bさんから言われると納得できない、反発してしまうという経験があるはずです。その違いは「その人への信頼」なのです。

つつましい生活の中で、私のうちでは現在3人の学生の面倒を見ている。多年にわたり、私のうちには2人や3人の学生がいないことはない。どんなときでも青年に期待し、青年の世話をするというのが、私の理想であり、夢である。

ページの先頭へ