木村清の名言|壁にぶつかるということは、先に進める兆候

このエントリーをはてなブックマークに追加

諦めたらそこで終わり。壁にぶつかるということは、先に進める兆候。もう一歩だけ前に進んでみればいい。


木村清 の経歴

木村清、きむら・きよし。日本の経営者。寿司店「すしざんまい」を展開する「喜代村」創業者。千葉県出身。戦闘機パイロットを目指し15歳で航空自衛隊に入隊。航空自衛隊第4術科学校卒業、大検合格。航空操縦学生になる資格を得たが事故で視力を落としパイロットの道を断念。中央大学法学部法律学科を卒業。百科事典セールス、新洋商事勤務などを経て木村商店(のちの喜代村)を創業。当初商売が上手くいかず会社が倒産寸前まで追い込まれる。手元に残った300万円を元手に築地に日本初の24時間営業寿司店「すしざんまい」を開業。その後、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

困難な課題と直面せざるをえない時代に、政治に求められることは論理だけではないと思います。「この人が言うならやってみよう」という無形の説得や納得感、信頼が必要になる。それらを取り戻し、育める政治家を増やさなくてはいけません。

『四書五経』を現代日本流に訳し直して、それを使った人格・教養教育、リーダーの育成をすべき。技術・知識も大切ですが、人格・教養があって初めて、技術も知識も生きてくる。

多くのサラリーマンに欠けているのが、「いかに収入を増やすか」という視点です。

クロージングではとにかく「いま決めてください」といっていました。創業当時は私ひとりの会社だったので、すぐ次の営業先を訪問しなくてはならず、そうとう忙しかったのです。商品説明をするときも、最後まで説明して断わられると、大きなエネルギーの消耗と時間の無駄になります。もちろん相手にとってもです。ですから、まず最初に「こういうサービスのご案内にうかがいました。ご興味ありませんか?」と質問し、相手が「興味がある」と答えれば説明を始める。説明が一区切りついたら「この先もお聞きになりますか?」と質問して、「聞きたい」と答えたら続ける。これを繰り返して、最後のクロージングにつなげていました。

「AI」「ディープラーニング」などの最新技術は、製品開発に取り入れるだけでは使いこなせません。ですから、それらをオフィスや製造現場などの日常業務に取り入れられないかを考えています。そうして日頃から最新技術を使うことに慣れ、効果を体感できれば、社内の誰もが自然と新しいアイデアを生み出しやすくなるはず。

世界はいろいろな猛獣がいるジャングルです。それに比べて日本は平和な動物園のよう。もう少し、厳しいジャングルの環境に慣れないと、猛獣が日本に入ってきた時に、あっという間に食べられてしまいます。これからの時代は、誰もが国境を越えるのが当たり前になっていくでしょうから、平和な動物園にいる人は覚悟してください。

普通は追い込まれてから存続第一で統合するのでしょうが、我々は発展第一です。ロングスパンでものを考えたうえでの統合なんです。
【覚書き|明治製菓と明治乳業の経営統合について語った言葉。両者ともに業界1位で業績好調な中で合併を行った】

ハーバードに留学していたころにも感じたのですが、米国の経営者は、財務的にはすごく成功しているのに、非常に質素に頑張る人が多いのです。過去に成功した会社の多くは、成功体験にしばられ、発想の転換が難しいものです。不祥事を起こすなど、行くところまで行ってしまわないと変わらない会社も少なくありません。その点、マイクロソフトは成功をおさめ、財務体質もいいのに、さらに変わらなければという意識を忘れていません。変革に真剣に取り組んでいる会社なので、そこに自分の経験が生きるのではないかと思ったのです。
【覚書き|マイクロソフトにヘッドハンティングされたきっかけについて語った言葉】

「ノートに書く」という行為には、強く印象に残す効果があります。ですから、読んだ本の内容をノートに記録することで、忘れにくくできるわけです。ポイントは、なるべく手間をかけること。手間をかけるほど、より強く記憶に残ります。私は、本の一部を手で書き写したり、コピーを取ってノートに貼りつけたりして、その周りに自分が感じたことや思ったことをメモしています。

官房副長官時代に自らの判断基準と心がけたのが「公平・公正」です。事務方のトップとして各省庁をまとめ、政と官のつなぎ役の要の存在である以上、我欲を抑え、何が大義なのかという物差しを軸に平らな大地に真っすぐに立って判断する姿勢が求められたからです。首相官邸の自室では来客が途切れた時、床をトントンと踏んでは「真っすぐに立っているか」と自問自答していました。

ページの先頭へ