ロバート・キヨサキの名言|金持ちと貧乏な人の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

金持ちと貧乏な人、強者と弱者との違いは、「逃走反射を抑えて戦略的な闘いができるかどうか」だ。このことは、あらゆる場面にあてはまる。


ロバート・キヨサキ の経歴

ロバート・キヨサキ。アメリカの教師・投資家・作家。世界中で大ベストセラーとなったビジネス書『金持ち父さんシリーズ』の著者。ニューヨーク米国商船大学校卒業後、海兵隊に入隊。パイロットとしてベトナム戦争に従軍。その後、帰国しいくつかの事業を行い早期引退する。引退後は世界中でビジネスと投資について教えている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プライドにこだわっているうちは、まだまだ本気になっていないのだ。

まさに九死に一生を得た、人生観に大きな影響を与える出来事でした。それ以来、この「生かされた命」を社会に役立つことだけに使いたいと思うようになりました。
【覚え書き|スマトラ島沖地震で津波にのまれたが奇跡的に救出されたことを振り返っての発言】

お客さんは法律の話なんか聞きたくないと思うんです。知りたいのはどう法律を使えば課題が解決できるのかという、その方法。その領域をどう学び、実際に即した解決策を提示できるかが士業としては非常に大事な視点なのかなと思っています。

すべて成功するわけはないし、撤退する路線もあるでしょう。ただ仮にダメでも、「また別のところに飛べばいい」と思えるくらいの冒険心があっていいんじゃないか。

前もって考えて、いろいろ準備をしていないと、チャンスがきても見逃してしまう。

個人のキャリアという視点で捉えると、いまは大企業に勤める方がリスクは高いと考えることもできます。大企業の仕事は、関わる金額の規模などは大きくとも、業務内容などは細分化されていることが多いからです。事業のほんの一部分しか分からない人材は、外部に出ればほぼ役に立ちません。

あきらめなかったことが悪いのではなく、「あきらめずにやり続けるにはどうすればいいか」、客観的に考えるべきだった。

毎日遅くまでどっぷり現場に浸かっていたら、外の状況が見えなくなってしまいます。月に一回は会社をさぼって遊べと言っているぐらいです。

若手が専門外でわからないことがあったとします。私は他部門の先輩社員に聞きに行くよう指示し、その先輩に電話します。「今からウチの若いのを行かせる。『もっと勉強しろ』と叱った後で、しっかり丁寧に教えてやってほしい」と。人は緊張すると事がよく頭に入り、勉強する気も起きます。客先にも同様のお願いをしました。

絶望的に思える状況でも、視点を変え、仕組みを変えれば、道は必ず開ける。

ページの先頭へ