吉田秀彦の名言|遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた

このエントリーをはてなブックマークに追加

練習に集中するためにも、気分が乗らない日は思い切って練習を休む。遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた。


吉田秀彦 の経歴

吉田秀彦、よしだ・ひでひこ。日本の柔道家。愛知県出身。幼少期から柔道をはじめ、全国中学校体育大会準優勝(中量級)、高校時代インターハイ(軽重量級)優勝、大学時代全日本学生体重別選手権78kg級3連覇など華々しい成績を収める。明治大学4年時に柔道世界選手権に初出場銅メダル。大学卒業後、新日鉄に入社し、同社柔道部で活躍し多くの大会で成績を残した。バルセロナ五輪で金メダルを獲得。現役引退後は、吉田道場を開設し柔道を教えている。また、総合格闘技にも進出して活躍。各地で柔道の普及活動を行っている。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

SNSにこだわらず、時代に合ったサービスで世の中を変えていければいいのです。わからないことに挑戦するのがベンチャーです。

過去のビジネスモデルやテクノロジーが通用しなくなった今、組織が成長するには、新しい発想やイノベーションが必要。そのためのアイデアは、古い慣習や過去の成功事例に囚われない若い世代のほうが生み出しやすい。だからこそ、上司は「聴く」ことを習慣化してほしい。部下がいつでも上司に提案しやすいような、オープンな雰囲気を作れば、新しいアイデアも出しやすくなる。

日本と海外拠点の両方が刺激し合いながら、それぞれが非常に特徴を持った存在になっていく。すべてが日本主導という形を改めることが、逆に日本の役割を明確にすると。これが我々のスキームです。

ファクトリエではセールで在庫を売りさばくことはしません。その代わり、完売した商品は二度と作らないことで、お客様にとっては「今、買わないと、もう買えない」状態にしています。

高田馬場へ初めての都市型店舗を出店した際、予想を超える来店がありました。現場ではレジ係のパート社員から、「社長、小型のレジがあれば、あと一台置けます」と言われました。すぐに小型レジ台の開発を指示して、1か月で導入しました。うちの会社は、こうした現場の活力に支えられています。

たとえば、我々の世代はホリエモンのような「お金がすべて」という発想はできないんです。だけど時代の主流がホリエモンになっているとして、「そんな価値観は受け入れられない」と切り捨てていたら、企業は社会から乗り遅れてしまいます。

やはりメーカーですから新しい商品が出ると社内は盛り上がります。この「盛り上がる」ということが非常に大事。

目的を明確にし、無駄なお金を使わない。そう切り替えてみたら、案外簡単にできました。習慣を変えるには、とにかく一度やめてみる。これが有効だと思います。

楽しくないこと、やりたくないことほど、記録をつけて仕組み化してしまうといいでしょう。

最後に、今までのプライド、自分たちのプライドをかけてしっかりと仕事をしよう!

ページの先頭へ