吉田秀彦の名言|遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた

練習に集中するためにも、気分が乗らない日は思い切って練習を休む。遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた。

吉田秀彦 の経歴

吉田秀彦、よしだ・ひでひこ。日本の柔道家。愛知県出身。幼少期から柔道をはじめ、全国中学校体育大会準優勝(中量級)、高校時代インターハイ(軽重量級)優勝、大学時代全日本学生体重別選手権78kg級3連覇など華々しい成績を収める。明治大学4年時に柔道世界選手権に初出場銅メダル。大学卒業後、新日鉄に入社し、同社柔道部で活躍し多くの大会で成績を残した。バルセロナ五輪で金メダルを獲得。現役引退後は、吉田道場を開設し柔道を教えている。また、総合格闘技にも進出して活躍。各地で柔道の普及活動を行っている。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本はいままで社会に出たら勉強をしなくてもOKでまかり通ってきた。でも、これからは生き残れない。刻々変化する状況に対応する力は、勉強で養うしかない。

会社が権限をもって人を振り回しているだけの会社では人は育ちません。一方、社員も自分のキャリアを考えて、どんどん手を挙げていかなくてはいけない。

従来、料理は街中やホテルのレストランで美味しいものを提供する美食の世界に限られていました。現在は環境の問題、AI(人工知能)をどう使うかという問題農漁業の従事者が減っていく問題など、料理人が考えなければいけないテーマがたくさんあります。そのために料理という狭い世界に閉じこもらず、広く学ぶ必要があります。

僕は、頭の回転が早くて器用なタイプのプロデューサーではないですから、なおさら、音楽少年だったころのような不器用な「これが好きなんだ」という気持ちを大切にしているんです。

運とツキは、強烈にそれを望んでいるところにしかやってきません。私は「月に10万枚ずつカード会員を獲得する」という目標を掲げることにしました。そうすれば、10%の解約を見込んでも10年で会員数は日本一になります。壮大な目標ですが、具体的な方策がありました。
【覚書き|クレディセゾンの前身、西武クレジットの立て直しを行ったときを振り返っての発言】

簡単に思い浮かぶものほど、頭に浮かんだ瞬間に「できた!」と思ってしまいがちなんですよ。でも、そのまま作ると大抵は失敗する。頭に浮かんだ瞬間に、「でも、それって見たいか?」と違和感を覚えるかどうかです。

何かを記憶するときに大切なのは「興味を持つ」ことです。私はよく講演会でお客様の中からご夫婦を壇上に上げ、ご主人の背後に奥様を立たせて、ご主人に奥様の服装について尋ねますが、ほとんど答えられません。なぜなら、興味を持っていないからです(笑)。逆に、奥様は他の女性が5年前のパーティーで着ていた服装でさえはっきり覚えています。

味がおいしいのはもちろん大切ですが、それだけで繁盛店になれるとは思っていませんでした。なので、繁盛店にするにはまずメディアの力が必要だと。そこで効果を発揮したのが「焼き石」です。水でキュッと締めた麺を熱々のつけ汁につけるのがつけ麺のスタイルですが、食べ進めるうち、どうしてもつけ汁がぬるくなってしまうのがネックでした。そこで、キンキンに熱した焼き石を途中で入れることで、食べ終わるまで熱々のつけ汁で味わってもらうアイデアを考えたのです。ジューッという音と共に熱せられていくつけ汁は、お客さんを惹きつけますし、ビジュアル的にもインパクトがあります。「メディアが食いつくはずだ」という僕の見込み通り、テレビ番組の取材オファーが何件も舞い込みました。番組が放映された後、客数は倍増して、行列ができる繁盛店になりました。

自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。何もしなければ、いずれ誰か他人にビジネスのやり方を変えられてしまう。ならば、自分達で変えてしまった方が良いに決まっている。

本はまず最後までパラパラと読み飛ばします。読む価値のある本でない限り全体に目を通すことはありません。読む価値のある本とは、知らないことが書いてあるかどうか、あくまで私個人の考え方で判断しています。知らないことがあれば下線を引きながら、3、4時間で1冊を読み終えます。何冊かは数年に一回読み返しています。

ページの先頭へ