吉田秀彦の名言|遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた

練習に集中するためにも、気分が乗らない日は思い切って練習を休む。遊ぶときはとことん遊ぶ。だからこそ、限界を超えた減量も乗り越えられた。

吉田秀彦 の経歴

吉田秀彦、よしだ・ひでひこ。日本の柔道家。愛知県出身。幼少期から柔道をはじめ、全国中学校体育大会準優勝(中量級)、高校時代インターハイ(軽重量級)優勝、大学時代全日本学生体重別選手権78kg級3連覇など華々しい成績を収める。明治大学4年時に柔道世界選手権に初出場銅メダル。大学卒業後、新日鉄に入社し、同社柔道部で活躍し多くの大会で成績を残した。バルセロナ五輪で金メダルを獲得。現役引退後は、吉田道場を開設し柔道を教えている。また、総合格闘技にも進出して活躍。各地で柔道の普及活動を行っている。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

気分に逆らうのは判断力の成すべき仕事ではない。姿勢を変えて、適当な運動でも与えてみることが必要なのだ。なぜなら、我々の中で、運動を伝える筋肉だけが我々の自由になる唯一の部分であるから。

アランの名言|気分を変えるには運動を


「週刊こどもニュース」で痛感したのは、かいつまんで説明することの難しさ。話す本人が全体像を掴んでいなければ語れません。断片的なニュースを集めて、中途半端な理解で解説しても、子供たちは「?」を顔に浮かべたままでした。

池上彰の名言|かいつまんで説明することは難しい


伊勢丹新宿本店のリモデル(改装)の際に考えたのは、「百貨店の良さを取り戻したい」ということでした。「目的買い」だけでなく「遊びに行こう」と思い出していただきたい。店を出たときに「今日は楽しかったね」と満足していただけるか。お買い物をしていただけたかどうかは二の次です。

大西洋の名言|お客様が楽しめる店を


もっと自分の時間を大切にするべき。生きている時間はたかだか100年。その人生をいかに充実させるか。そう考えると、時間を大切にしたくなるはず。

中島聡の名言|もっと自分の時間を大切にするべき


何でもモノが溢れている日本ではイメージしにくいかもしれませんが、日本では駐車場の供給量が圧倒的に足りていません。例えば平日昼間の東京と大阪の「瞬間路上駐車台数」は約15万5000台ですが、その約8割が違法駐車と言われています。近くに適度な料金の駐車場があれば、ドライバーは停めたいんです。でもそれがない。潜在的な需要がまだまだあって、適正な場所と規模で駐車場を作り続けれ成長可能な市場なんです。

西川光一の名言|ものがあふれる時代にも供給不足の市場はある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ