吉田敬の名言|埋めてた種が成長して花になって、それをいま、花瓶に入れているだけ

20代のときに埋めてた種が成長して花になって、それをいま、花瓶に入れているだけ。

【覚え書き|売れる秘訣は何かと問われて】

吉田敬(お笑い芸人) の経歴

吉田敬、よしだ・たかし。日本のお笑い芸人。京都府出身。小杉竜一とお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成。バラエティ番組で活躍。「M-1グランプリ」優勝。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今の時代のモチベーション管理において必要なのは、「個」の特性を把握しておくことです。どのような環境で育ち、なぜこの会社に入ったのか、何が喜怒哀楽のポイントなのか。たとえば、リーダーシップを発揮したいタイプなら、なるべく口を出さずに仕事を任せるようにしたり、チームでやる仕事をやらせてみる。あるいは人の役に立ちたいと思っているタイプなら、直接顧客の声を聞くことができるような仕事を任せてみる。このように一人ひとり異なるモチベーションのあり方を理解し、マネジメントしていくことが大切なのです。

開発を終えたらこれでいいのかと疑うことが大切。これでいいと思ってしまったらおしまいです。

成功には「短期的成功」と「長期的成功」があります。成功を長期的に伸ばしていくことができる人はなかなかいないんです。短期的に成功すれば長期的にも成功できるんだと思いがちですが、実際には、短期的に成功した人が必ずしも長期的に成功するとは言えないんです。

すべてが完璧な人よりも、「仕事はできるけど実は飲みの席ではだらしない」くらいの方が、近づきやすくて協力してあげたくなるもの。だから飲み会の席くらいは、自分の素を思う存分だしたり、酔っ払ってバカをしてみたりすることで、周りの人との距離感が縮まるでしょう。

本格的な長期投資をやれるのは個人の特権であって、機関投資家にはできない話。何しろ、これはと思う企業を個人投資家なら5年でも10年でも平気で応援できるのだから。たとえ、5年持ってようやく2倍になっても、年率では14%の成績となる。それで十分だろう。

仕事がない時はあえてライブをします。ネタを作って自分の脳を磨いていけば、ちょっと安心できるんです。レベルアップしたから新しい仕事が来るはず、って思えますからね。

どんな仕事でも「この人に頼めばうまくいく!」というキーマンが組織の内外にいる。そういう人物と良好な関係を維持することが、自分の仕事の質を向上させていく。無能な同僚はこの際無視して、そういう人物との信頼形成に集中してみよう。

1990年代後半にフォードの力を借りて経営再建に取り組んだ際、「変革か死か」と突き付けられた。

武将も兵卒も武器を好き嫌いするのはよくない。使うときに工夫が大切である。

なかなかやる気が出ず、つい仕事を先送りしてしまう人は、「これをすればやる気が復活する」という自分なりの方法を、できるだけ多くもっておくことを勧めます。たとえば私の場合、やる気が出ないときは「15分だけやってみよう」と自分にいい聞かせてタイマーをセットし、とりあえず手を動かします。いったん作業を始めると、意外と気分が乗ってきて、15分を過ぎてもそのまま作業に集中できることが多いからです。

ページの先頭へ