安田登の名言|悩んでも状況は変わらない

悩んでも状況は変わらない。どうしようどうしようと繰り返していても意味がない。

安田登 の経歴

安田登、やすだ・のぼる。日本の能楽師、ロルファー。千葉県出身。下掛宝生流ワキ方能楽師。著書に『能に学ぶ身体技法』『体と心がラクになる「和」のウォーキング』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スポーツでも仕事でも同じですが、99%の苦しいことがあるからこそ、1%の楽しみがあるのです。

南壮一郎の名言|99%の苦しいことがあるからこそ、1%の楽しみがある


私が社長に就任した時に最初に言ったことの1つが、最初に犠牲にするものを決めること。競合に負けてもいい部分を最初に決めておけば、負けが見えてきた「見切りをつけるべき商品やサービス」に、ムダにお金を投じることはなくなる。この浮いた経営資源を重点分野に投入した。

坂根正弘の名言|競合に負けてもいい部分を決めるメリット


ぜひ、自社の企業文化に即した取り組みというものを意識してほしいと思います。論理的な作業に向いている、小グループでの改善活動が得意など、企業にはそれぞれ個性があるはずです。それを踏まえたセキュリティ対策を立てていくと、スムーズに取り組みが進みます。この辺りの見極めは、セキュリティ投資の規模を決めることと合わせて、経営層の大事な役割でしょう。

島田裕次の名言|企業文化に即した仕組みにする


独身だったので借金でもしないと、給料はみな飲み代に消えるだけ。ローン返済は自分にとっての強制貯金だとも考えました。
【覚書き|北品川の3LDKマンションを自宅用に購入したことを振り返っての発言。経済動向への読みが当たり、同物件はその後、2.5倍以上の価格で売却できた】

北尾吉孝の名言・格言|違った形で強制貯金をする


ほしいままに民のものを取ってはならない。民が貧しければ、主に財が無くなるものである。たとえていえば、枯れた木の根本のようなものである。民は主の財である。ゆるがせにしてはならない。

島津義久の名言|民が貧しければ、主に財が無くなる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ