小阪裕司の名言|仕事ができる人は、暗黙知をたくさん持っている人

このエントリーをはてなブックマークに追加

暗黙知とは、理屈や言葉には表れにくい知恵や情報のこと。仕事ができる人というのは、この暗黙知をたくさん持っている人。


小阪裕司 の経歴

小阪裕司、こさか・ゆうじ。日本の経営コンサルタント。オラクルひと・しくみ研究所代表。山口大学人文学部卒業後、東証一部上場の大手小売店、広告代理店を経てコンサルタントとして独立。ワクワク系マーケティングを提唱。一部上場企業から小さな商店まで幅広い層にコンサルティングを行っている。主な著書に『「買いたい」のスイッチを押す方法』『招客招福の法則』『そうそう、これが欲しかった!』『天職の作法』『「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ』『失われた売り上げを探せ』など。日本感性工学会理事、静岡大学大学院客員教授、中部大学大学院客員教授、九州大学客員教授なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

睡眠時間が短くなりすぎて損をしている人の方が圧倒的に多い。睡眠は質も大事ですが、ある程度の量は絶対に必要です。仕事時間を減らしても、そのぶん睡眠時間を増やした方が仕事や勉強のパフォーマンスは必ず上がります。

今までの仕事のやり方を踏襲するのではなく見直して、仕事をもう一段、二段レベルアップしていこう。その相乗効果で会社のレベルも上がっていく。

会社はその期間中に本人の能力適正などを評価して、本採用かどうかを判定する。その採点項目の中にちょっと面白い一項がある。「ものをやり遂げる能力」というのである。これはまことにアメリカ人らしい、いかにも実際的な考え方であると思った。
【覚書き|米国GEの工場に技術実習生として派遣された当時を振り返っての発言】

社員が中期計画を上から与えられたものと思ったら終わり。自分たちの中期計画だと思わないと看板倒れになる。

立ちはだかる困難が大きければ大きいほど、それを乗り越えられない他の会社は脱落していきます。だから私にとって逆境は、「外堀」なんです。自分が困難を乗り越えれば、新たな優位性が得られ、ほかの人が近づけない境地に達することができます。ですから、困難がたくさんあった方が嬉しいんです。

多くのビジネスでは、お客さんが欲しいから、最初に設定したハードルをすぐ下げてしまいます。でも、「イヤなら参加しなくてもいいですよ」というぐらいの気持ちで、ギリギリまで踏ん張らないと駄目です。仮にJリーグ発足時の参加チームが6チームぐらいしかなかったとしたら、主導権はチーム側にあるわけだから、参加資格の条件をどんどん下げなくてはいけなかったと思います。もしそうなっていたら、Jリーグは発足しても成功していなかったでしょう。

答えは「効率的になる」ことではなく「変わる」ことにある。新たな考えを持たずにリストラだけしても解決にはなりません。

理論的な仕組みを理解したつもりでも、事実は違うことがある。

大脳の働きは「知・意・情」の3つに分かれると言います。特に人を動かすには「情」が大事。そして「情」をつかむには、味のある手描きイラストが最適。

受注目標額を達成するために何でもかんでも仕事を取ればいいわけではなく、大手がやるべき仕事を見極めていくべきだということが重要です。民間企業として当然のことですが、付加価値の高い仕事をすることでコスト競争を避け、利益が出る仕事を取っていくということです。

ページの先頭へ