小阪裕司の名言|仕事ができる人は、暗黙知をたくさん持っている人

このエントリーをはてなブックマークに追加

暗黙知とは、理屈や言葉には表れにくい知恵や情報のこと。仕事ができる人というのは、この暗黙知をたくさん持っている人。

小阪裕司 の経歴

小阪裕司、こさか・ゆうじ。日本の経営コンサルタント。オラクルひと・しくみ研究所代表。山口大学人文学部卒業後、東証一部上場の大手小売店、広告代理店を経てコンサルタントとして独立。ワクワク系マーケティングを提唱。一部上場企業から小さな商店まで幅広い層にコンサルティングを行っている。主な著書に『「買いたい」のスイッチを押す方法』『招客招福の法則』『そうそう、これが欲しかった!』『天職の作法』『「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ』『失われた売り上げを探せ』など。日本感性工学会理事、静岡大学大学院客員教授、中部大学大学院客員教授、九州大学客員教授なども務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ