木村清の名言|考えたらすぐに始めないと商売ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

考えたらすぐに始めないと商売ではない。寿司ネタと同様に、アイデアにも鮮度がある。


木村清 の経歴

木村清、きむら・きよし。日本の経営者。寿司店「すしざんまい」を展開する「喜代村」創業者。千葉県出身。戦闘機パイロットを目指し15歳で航空自衛隊に入隊。航空自衛隊第4術科学校卒業、大検合格。航空操縦学生になる資格を得たが事故で視力を落としパイロットの道を断念。中央大学法学部法律学科を卒業。百科事典セールス、新洋商事勤務などを経て木村商店(のちの喜代村)を創業。当初商売が上手くいかず会社が倒産寸前まで追い込まれる。手元に残った300万円を元手に築地に日本初の24時間営業寿司店「すしざんまい」を開業。その後、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

凡事徹底は、私の口ぐせの一つ。

個人向けパソコンでは世界シェア1位を得ていますが、この市場が飽和状態にあることも事実。パソコン事業に依存し過ぎず、次の成長する世界を探さなくてはなりません。

あなた方が、あなた方の未来を決めることができるのだ。それをどう料理するかはあなた方次第だ。

大きなものになびいていくのは人間の習性であるから、仕方がないのかもしれない。しかしそこで1つ、2つと思い切ったアクションを取れるようになった人は、優秀なリーダーへの道をたどり始めたと言えるだろう。

ある時私の作品に先生が「お前らしい作品になってきたな」と。その一言で吹っ切れました。亡き先生に応えるためにも、自分らしい作品を創り続けていきたい。

産業機器メーカーが未来を切り開く唯一の道は、ハードを提供するだけでなく、ソフトを活用し、膨大な情報を解析できる企業になることです。

マレーシアでの業務は販売、購買、タイヤの設計まで広範囲。幅広い業務をこなすことで自身の成長を感じられ、社内人脈も広がりました。

情報の収集と分析をデジタルに依存することの弊害は、たいした仕事をしていなくても「仕事をした気分」になってしまうことだ。誰もが知る情報を切り貼りし、最新のツールで体裁を整えても、内容に付加価値がなければ人の琴線には触れない。

企画を2度持っていってダメなら3度持っていく。最後は上司も情熱に押されて「やってみろ」と言わざるを得ないですよ。上司に「やってみろ」と言わせたら、しめたものです。今度は上司がその企画の責任を背負うことになりますから(笑)。

私が自信を喪失した人によくお伝えするのは、「自分の手や足を鏡に映して、よく見てみなさい」ということ。ずうずうしく、でんっと生き続けてきた自分の姿かそこにはある。ものはついでです。今まで生きてこられたのだから、この先もきっとやっていけるはずです。

ページの先頭へ