木村清の名言|考えたらすぐに始めないと商売ではない

考えたらすぐに始めないと商売ではない。寿司ネタと同様に、アイデアにも鮮度がある。

木村清 の経歴

木村清、きむら・きよし。日本の経営者。寿司店「すしざんまい」を展開する「喜代村」創業者。千葉県出身。戦闘機パイロットを目指し15歳で航空自衛隊に入隊。航空自衛隊第4術科学校卒業、大検合格。航空操縦学生になる資格を得たが事故で視力を落としパイロットの道を断念。中央大学法学部法律学科を卒業。百科事典セールス、新洋商事勤務などを経て木村商店(のちの喜代村)を創業。当初商売が上手くいかず会社が倒産寸前まで追い込まれる。手元に残った300万円を元手に築地に日本初の24時間営業寿司店「すしざんまい」を開業。その後、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社が一定以上の大きさになったならば、「怖さ」というか、「恐ろしさ」を感じなくてはいけない。「はたして自分の能力がついていけるかどうか」ということに対する怖さを感じ始めたら、経営者としては本物。

大川隆法の名言|怖さを感じ始めたら、経営者としては本物


新会社の制度案を役員に提示すると、お前たちがそうしたいのは分かるけれど、これはこんな背景があって作られたものだから、無下に変えるわけにはいかない、と説明してもらったことがあります。制度の本質を理解するには、制定当時の時代背景や経営環境も考慮しなければいけないということがよく分かりました。

【覚え書き|トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併プロジェクトチーム時代を振り返って】

吉貴寛良の名言|制度の本質を理解するには、制定当時の時代背景や経営環境も考慮しなければいけない


スケジュール通りの進行では、前頭葉は活発に働きません。リスケ(リスケジュール)を前提に柔軟な計画を組むことが、脳の上手な使い方です。

篠原菊紀の名言|スケジュール通りの進行では、前頭葉は活性化しない


業界に逆張りで顧客に順張り。広告が上手なスクールを創るのではなく、英語が上達するスクール創りに腐心しました。

海渡寛記の名言|業界に逆張りで顧客に順張り


直接話すのが一番ですが、物理的な制約もあるので、社員向けに「マネジメントレター」と呼ぶ手紙を書き始めました。内容は顧客訪問などのトピックスから、私自身の話、モータースポーツの話題にも及びます。週に1回、A4判用紙に2枚ほどをパソコンで一気に書きます。海外の従業員が読めるように英訳もします。

森谷弘史の名言|従業員にトップの言葉を伝える


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ