水野浩志の名言|人間は、落ちるところまで落ちたら、誰にも責任転嫁できなくなるもの

人間は、落ちるところまで落ちたら、誰にも責任転嫁できなくなるもの。

水野浩志 の経歴

水野浩志、みずの・ひろし。日本のコンサルタント。「マイルストーン」代表。千葉県出身。著書に『「やめたいのにヤメられない!」がスパッとやめられる10秒日記』『結果を出す人の勉強法』『口下手でもできる!人の心を打つトーク術』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

残業ゼロのためには、本人だけでなく、上司の意識改革も必要。「上司が居残っているから、なかなか帰れない」という人がいるのではないでしょうか。都庁では「その上司が誰なのか、そっと私に教えてください」と伝えています。「目安箱」を通じて、私に直接連絡できる仕組みがあるからです。

小池百合子の名言|残業ゼロのためには、上司の意識改革も必要


誤解を恐れずに言うなら、手を抜いてでも締め切りに間に合わせるのがプロでしょう。編集者の想定するレベルは、当然、超えていなければ話になりません。それがプロですから。手を抜くというのはそこから先の話で、時間が許せば、自分としてはもっと描き込みたいという部分を制御してでも、締切りを守るということです。

江川達也の名言|プロは自分のこだわりを制御してでも締め切りを守る


資格のための勉強は大学の授業に似ており、その分野の全体像を体系的に把握できるメリットがあると思います。私の場合、中小企業診断士のための勉強を通して、ビジネスの世界で身につけておくべきことのすべてをひととおり学べたことはよかったと思います。のちに関連するテーマにぶつかったとき「あのときに勉強したのはこういうことだったんだ」と、全体像の中で位置づけることができました。

藤井孝一の名言|資格を取る利点


暗闇のような日々の中で、絶望は、頑張ろうという強烈なモチベーションにつながります。もしあなたの会社が大きな借金を抱えているなら、それは強いやる気にもなります。

イーロン・マスクの名言|絶望は、頑張ろうという強烈なモチベーションにつながる


思い切りの良さが起業家かつオーナーの最大の強み。これを合議制で決めていたら、時間はかかるし安全策ばかりになってしまう。

冨田英揮の名言|オーナー起業家の強み


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ