長澤まさみの名言|自分の好きな部分、嫌な部分、どちらも知った上でしか、他人に優しくなることはできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の嫌な部分や、他人の嫌な部分がゼロになることはないと思います。自分の好きな部分、嫌な部分、どちらも知った上でしか、他人に優しくなることはできないのかもしれません。


長澤まさみ の経歴

長澤まさみ、ながさわ・まさみ。日本の女優。静岡県出身。堀越高等学校卒業。東宝シンデレラグランプリを最年少12歳で受賞。映画『クロスファイア』でデビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・優秀主演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

医学生時代に、医師国家試験に合格するためにこんな参考書があればいいなという思いから作り始め、現在もユーザーの視点で作っているので、多くの読者の支持を得られているのだと思っています。経営者となった今でも、私自身が企画の段階から目を通し、現場の編集者にはもっとこうしたらわかりやすくなるんじゃないかとアドバイスしています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】

我々のサポートサービスは10年間やってきていますが、需要があるからこそ、これまで評価され業績も付いてきていたと思います。ですからビジネスモデルを変えるつもりはありません。あとは結果を出せるかどうか。

会社の存在意義は、価値創造だ。それを忘れないでほしい。

返信を待っているのにこないと、これほどヤキモキすることはありませんよね。相手はちゃんと読んでいるのか。わざと送ってこないのか。催促していいのか。送ったら嫌みにならないかなど、気になってしかたない。私の場合は、メールはその日中か午後にもらったものに関しては翌日の午前中までに返信する習慣を身につけています。せめて自分は相手をイラつかせない。そんな配慮もビジネスの世界では必要です。

部下に「やってみろ」と言うだけでは無責任です。挑戦にはリスクが伴います。最近の人たちは頭がいいので、やる前にいろいろ考えて失敗しそうだと思うと何もやりません。トップが責任をとる姿勢をみせることも大切です。

自分を褒めると、またいいことをしたいと、やる気が満ちてくる。

アイデアのためのメモは取りません。テレビ番組などに台本とアドリブがあるでしょう。僕にとってメモは台本と同じなんです。台本があれば、どうしても「次はどうするんだつけ?」と考えてしまう。メモに縛られ、自分の予想した範囲を超えられなくなってしまうのが嫌だから、メモを取らないんです。

魚屋も八百屋も、その日のお店のお勧めがありますよね。本屋もその店独自のお勧めがあっていい。

現在も、輸入車販売台数では7年連続首位を走っていますが、ディフェンダーという気持ちは一切ありません。一時の成功にあぐらをかき、フレキシビリティ(柔軟性)をもって挑戦する気持ちを忘れたら、あっという間に淘汰されてしまいます。それぐらい厳しい業界に身を置いているのです。

本物の人間とは、言っていることとやっていることが同じ人です。もっともらしいことを言う人はたくさんいますが、口だけではいけません。実際に行動して何か犠牲を払っている相手に、人は信頼を寄せるのです。

ページの先頭へ