長澤まさみの名言|自分の好きな部分、嫌な部分、どちらも知った上でしか、他人に優しくなることはできない

自分の嫌な部分や、他人の嫌な部分がゼロになることはないと思います。自分の好きな部分、嫌な部分、どちらも知った上でしか、他人に優しくなることはできないのかもしれません。

長澤まさみ の経歴

長澤まさみ、ながさわ・まさみ。日本の女優。静岡県出身。堀越高等学校卒業。東宝シンデレラグランプリを最年少12歳で受賞。映画『クロスファイア』でデビュー。その後、テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・優秀主演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者がやらなきゃいけないことなんて、本当はそれほど多くない。トップが仕事をすべきなのは、僕が社長になった頃のような危機に会社が直面したときと、絶好のチャンスが飛び込んで来たときだけ。そこで「今からあっちの方向へ進むぞ!」と決断することは、経営者にしかできません。つまり、トップが本当にやるべき仕事は「未来を考えること」なんです。

投資詐欺を仕掛ける側は、まずは現実味のあるリアルな額を示し、相手に信用させ、より大きな額を騙し取る。ですから、100万円より10万円を謳(うた)うほうがリアリティがあり、騙されやすい。中には本当に儲かる話もありますが、数字だけで「安全そうだ」と判断するのは危険。

どんな人間にも、褒めるべき点、愛すべき点があるものだが、それを探してあげて、どんどん褒めればよい。褒められればたいていの人はうれしい。私たちには基本的な欲求として「人に褒めてもらいたい」という承認欲求を持っているからである。社交辞令だろうが、お追従だろうが、褒められて気分を悪くする人間などはいない。

品切れは絶対にダメです。品切れを起こす商品は売れる商品ですし、お客様が買い物に来て品切れしていたら、がっかりさせてしまうことになります。

恥ずかしさやつまらないプライドで親孝行できないなら、いっそプレイだと思い込んで楽しもう。僕自身、親に反発することが義務だったロック世代なので(笑)、親孝行が恥ずかしくて嫌だった。でも一人っ子だった僕は、両親の愛情を一身に浴びていた分、期待されちゃっている。30歳前後かな、「そろそろ親孝行する時期ちゃうんかいな」って親から言ってきた(笑)。親孝行にはリミットがあるんだよね。親孝行しようと思う心がじわじわとわくのを待っていたら遅い。だったら、すぐに始めて楽しんだ方が得策でしょ?

多くの人は営業やプレゼンの席で、「私の商品はこんなに優れています」など、「私」を主語にした話し方をします。こういう押しつけがましい話し方は、拒否反応を呼ぶ公算が大。むしろ、「あなたが求めているのは~ですか?」のように、相手を主語にして語りましょう。その方が、ずっと相手の心に響くものです。

アドラーを「誤読」している人はかなりいます。原著を読んだわけではなく、都合のいいところを抜き出してきて、それが全てだと信じ込んでいる人が多いように感じます。

人生をマイナスから出発したと考えれば、あとは右肩上がりのプラスで行くしかない。

人間的成長のヒントも、ストレスから解放されて伸びやかに過ごすヒントも、じつは「人との関わり」のなかにある。そのことを意識しつつ、実りある人間関係を築いてほしいと思います。

方向を間違えたり、やりすぎたりしないようにするには、まず本当は重要でもなんでもない1000のことにノーと言う必要がある。

ページの先頭へ