ハワード・シュルツの名言・格言|スターバックスの3人の創立者

スターバックスの創立者は、普通の経営者とは全く違っていた。大学で文学を専攻したジェリーは英語の教師をしたことがあり、ゴードンは作家だ。三人目の共同経営者ゼブ・シーゲルは歴史を教えていた。三人ともビジネス王国を築く野心など持たなかった。スターバックスを創立した理由はただ一つ。コーヒーや紅茶を愛し、シアトルの人々に最高のものを味わってもらいたかったのだ。

ハワード・シュルツ の経歴

ハワード・シュルツ。大手カフェチェーン「スターバックス」CEO。ゼロックスの営業職、スウェーデンの日用品メーカーのハマープラスト・アメリカ支社の副社長兼総支配人を経てスターバックスに入社。入社当時スターバックスはコーヒー豆売りのみでカフェは行っていなかった。シュルツはカフェを始めるよう経営陣に提案したが受け入れられず同社を退社。自分でイル・ジョルナーレというカフェチェーンを設立。その後、経営不振に陥っていた古巣のスターバックスを買収。以後、世界的チェーンへと育て上げた。ノーザンミシガン大学卒

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

制約があるからこそ、新たな金融サービスを生み出そうと考え抜けるのかもしれない。

私は投資家として常に、「今、ベア(弱気)なのは何か?」を考えることを怠らなかった。世間が強気相場に陶酔しているときに、忘れられているものに注目することで、私は成功してきた。

企業に儲けが生じるには創造性、発明、イノベーションが不可欠。新しいものを次々に出していかなければならない。

やってやろうという気持ちで取り組まなきゃ意味ない。自分に何が足りないのかを知るためには思いっきりやる必要がある。

経済には永遠の繁栄もなければ、永遠の衰退もない、これこそ資本主義の本質なのだ。大暴落の翌日は買って買って買いまくる。人生、のるかそるかの勝負の時があったら僕はやります。しかし、外れるような危なっかしいことはやりません。安心しとってください。

我々は、もっと冷静に、相対的に日本を見るべきです。もちろん、日本にはたくさん素晴らしいところがあります。しかし、長所は別の角度から見れば短所でもある。

日本の若者にアドバイスするとしたら、やはりまずは海外に出ていくことでしょう。海外での経験を通してさまざまな知見が得られますし、価値観も広がりを持たせることができます。

私はよく「20点でもスタートし、60点になったら合格」と言っています。最初から100点出してからでないと始められないというのでは、足が止まってしまいますから。また、スキルや知識は陳腐化します。常に学び、残りの40点を埋め続ける姿勢こそ大事。

僕はフィルム全部を思ったように作りたいのに、画が描けない以上、画に関しては絶対に人に頼らなきゃいけない。だから、その部分でコンプレックスやもどかしさとかは、やっぱりありますね。

「緑(みどり)」と「縁(えん)」。私の好きな漢字です。似ていますね、この二文字。「緑」は、言うまでもなく、会社の名前でもある「ユーグレナ」、通称「ミドリムシ」の緑です。そして「縁」は、私がここまでやってこられたのは、すべてご縁のおかげと思っているからです。

ページの先頭へ