カントの名言・格言|他人の自由を妨げない範囲で、自分の自由を広げる

互いに自由を妨げない範囲で、我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。自由とは、すべての特権を有効に発揮させる特権である。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

グローバルな企業とは一体何なのか。そんな問題意識で、ブランドにしても企業のあり方にしても最初からやり直し、創業80周年となる2011年3月、荒川前社長の下で現在の企業理念にした。我々はこれを「リファインした」、と言っている。企業理念は変わるものではなく、表現を変えただけだ。

大将に求められるのは、謀(はかりごと)ができること、嘘をつかないこと、仁愛に富むこと、そして厳格さ。

私はよく、「百花繚乱」という言葉を使います。1本1本の花は形も色も違います。ただそれが集まるとひとつの色になり、同じ花が集まったのとは違う独特の美しさが生まれます。そのような会社にしたいのです。

我慢が必要。不器用な選手でも何度も繰り返し練習する。練習は反復ですから体に覚えさせる。不器用だから人の倍やらなければ自分のものにならない。

経験則を土台に新しいことを試さないと、進化する世界の舞台では勝てない。

継続することが大切。一度やめるとすべてが台無しになってしまうことがある。

人の脳には意識している層より、無意識が支配している層が意外と大きい。ある実験では、腰痛持ちの人に、偽薬を「これは偽薬です」と告げたうえで飲んでもらったところ、全体で30%も症状が改善しました。「医師が説明したうえで薬を処方した」という状況から、偽薬と知っていたにもかかわらず脳がだまされたのです。

自分の意見がない人を外国人は尊敬しない。

新興国では高いリスクを果敢に取り成長するという姿勢の方が、失敗を怖がりリスクを取らないことよりもずっと評価に値する。

極めて重要なIT、プログラミングについて、経営者は「自分が無知であること」を恐怖に感じる。どの事業の会社でも、開発したり、業務を効率化したりする時に、ITを無視できません。ITを使いこなせるかどうかで、「収益構造」や「他社との競争に勝てる確率」が、大きく変わるからです。

ページの先頭へ