カントの名言・格言|酒とは心の軽率さを運ぶ物質

酒は口を軽快にする。だが、酒はさらに心を打ち明けさせる。こうして酒は一つの道徳的性質、つまり心の軽率さを運ぶ物質である。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

森林にはCO2の吸収や土壌流出の防止、水源の涵養(かんよう)、生物多様性の保全など様々な機能がある。森林は地球上のあらゆる動植物が生きていくうえで欠かせない公共財。

「和」とは本来、自立した個が協調することを意味しますが、それを「みんな同じ」にすり替えてきた近代の日本で、真に個性的な人間がエリートになることなどありえません。彼らが個性を発揮して人生一発逆転を目指すとしたら、起業が残された数少ない道のひとつです。

文章を最後までひととおり書いたら、その中から文章の核となるキーフレーズを3つ探します。キーフレーズは、問いと答えでいうと答えにあたる部分でもあります。本来であれば、「この文章は何のためにあるのか」という問いは、たとえ漠然としたものであっても書く前から浮かんでいるはずです。ただ、それを文章という形で表現することに手間取るなら、逆に答えの方から問いを明確にしていくアプローチがあってもいい。キーフレーズが見つかったら、逆にキーフレーズから問いを立てていくことにより、問題意識を読み手と共有できるような一文をつくるのです。あとは、それを頭に持ってきて二文目以降を整理するだけです。

お金で後悔する人の多くは、家計を長期的な視点から見ることをしていないものです。これはなかなか深刻な問題です。実際、深く考えずに家を買って、わずか数年で手放すことになった人も少なくありません。

「役立つ人」の定義は、自分と「価値観」や「考え」が違っていること。自分の考えだけで仕事を進めていると、何事もマンネリ化しやすい。そこで彼らの視点を加える。自分1人では考えつかない「発想」や「アイデア」を活用するのです。

成功体験が実体験として、じわっと社会に広がっていくことが大事。

若い頃の成功は、何よりも大きな自信になる。

早口でたたみかけられたら、「少々お待ちいただけますでしょうか」と答えて勢いを止めましょう。脅すような態度に出られたら、「なぜお怒りなのですか?」と冷静に聞くのも良い方法です。うなずくだけで、いっさい返事をしないのもお勧め。相手は沈黙に不安を覚え、強く要求できなくなります。

高校時代から始めたメモをつける習慣は、今も続けています。その日の練習や試合で良かったことと悪かったこと。そして「今度からこうしていこう」という内容をまずスマホでメモして、後でノートに清書して残すようにしています。他にも読んだ本の中で、響いた言葉があればそれもメモし、自分に活かせないかと考える材料にしています。

20代は自分の畑を探せ。
30になったらその決まった畑に種まきをしろ。
40になったら肥やしをまけ。
50になったら収穫のときだ。
50歳以降は社会のために尽くせ。

ページの先頭へ