カントの名言・格言|孤独は自由

私は孤独である。私は自由である。私は自分自身の統治者である。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生は常に二番手、三番手で走っている方が得策で、平穏無事でいられるのです。結局は腹六分の人生が一番幸せということなのです。

「いきなり!ステーキ」はアメリカ・ニューヨークのステーキ激戦区であるイーストビレッジに出店し、念願の海外初出店を果たしました。これまで日本のステーキ店が、本場のアメリカに出店し、成功した例はありません。だからこその挑戦です。日本で培ってきた経験をもとにすれば、アメリカ人にも喜ばれるステーキを提供することができる。

筋肉トレーニングを長く続けられるコツとしては、とにかく「楽しむ」ことです。メニューのバリエーションも多く取り揃え、自分の限界に挑戦しています。できなかったメニューができるようになったり、体の変化を感じたときは、とてもやりがいを感じます。

白内障にかかり、見えなくなる前に馬を一生懸命見ようとそれまで以上に必死に馬を追った。すると不思議なことに馬の表情が見えるようになった。直線でトップなのに泣いている馬がいる。逆に後方にいるのに余裕で笑っている馬がいる。笑っている馬は必す伸びてくる。

その気になって働けば、おのずと本来備えている能力が発揮される。

事業再生には、社員や関係者のやる気や人間力が最も重要。

私は日本の建築土木技術は世界一だと思っています。だけど、プロジェクトマネジメント能力はそこまでいっていない。マネジメント能力のある人材を育てる必要があるでしょう。それは何も日本人である必要はない。外国人で、そういう能力のある人がうちの会社にいてくれるようにすればいいのです。それには、国際的にも通用する給与体系、人事体系にしていかなければなりません。日本人を相手にしているだけではダメなのです。

私の専門は失敗学で、事故や災害が起こった際にその検証を依頼されることが多い。そこで思うのは、事前に考えられる限りの検討をして、いざというときに動けるよう準備しておかなければいけなかったのに、無頓着で何もしないでいたためにひどい結果になって、運が悪かったという一言で片付けているのではないか。

成功体験が多すぎると、方向転換ができないんです。私が大ナタを振るえたのは、よそから来た人間だったからでしょう。

私は最小限の労力で最大のリターンを得るために学習理論もひもといてきました。勉強のノウハウよりも、学習とはどういうことで、なぜ反復学習が大切なのか、何を喜びと感じるかなど学習の原則を学ぶのです。

ページの先頭へ