カントの名言・格言|勤勉に働いた後の休息は気持ちがいい

疑う余地のない純粋な悦びのひとつは、勤勉に働いた後の休息である。

カント の経歴

イマヌエル・カント。プロイセン王国の思想家、哲学者、大学教授。ドイツ観念論の祖とされ、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』などの名著を残す。ケーニヒスベルク大学で教鞭をとった。近代哲学に大きな影響を与えた哲学者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

遅刻厳禁がモットーです。遅刻すると、最初の挨拶が「すみません」と謝罪からになってしまって良くないですから。

ベンチャー企業の難しさは、非常に高速で事業が展開していきますから、誤った判断をするとすぐ資金が足りなくなってしまうことですね。もともと経営資源が少ない状況ですから、すぐ枯渇してしまい事業が継続できなくなるリスクを抱えています。そのため、リーダーには、ひとつひとつの決断は小さく見えても、その決断を正しくすることが求められます。

「仕事を手取り足取り教えてやろう」という考えが間違い。上司は方向性だけ示して、部下に自分で考えるクセをつけさせるべき。いつまでも上司が助けないと何もできないチームより、各自が主体的に動くチームのほうがムダなく速やかに成果が出るのは当然です。仕事が速い人は例外なく、人をうまく動かす人です。

「正直」、「誠実」、「向上心」で取り組めば、目標は達成できる。

気づけるというのは一種の才能。問題意識や向上心を強く持っている人ほど多くの気づきを得て、自己成長のきっかけにする。

たとえば、規格外で商品にならないといわれる野菜を買い取って、宿の料理に用いたり、「もったいない野菜」というネーミングで販売するルートをつくる、といった活動をしています。最初は、そんな野菜を買い取ってもらえることに驚いていた農家のおばあちゃんたちも、適正な値段で売れるとわかると、俄然イキイキしてくれるんです。最近は、横文字野菜の栽培にも積極的に挑戦してくれるようになりました。

高く昇ろうと思うなら、自分の足を使う。高いところへは、他人に運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。

僕は40年間、俳優という仕事にしがみついてきました。それは、プロ意識だとか役者魂というようなカッコいいものではなく、自分には役者以外の仕事は何もできない、役者を辞めたら生きていけなくなるという必死さによるものでした。

短い人生、長い人生、いろいろですけど、平等なのは人生が一回きりということ。

かつての成功を知る男性のマネジメント層にとっては通じる常識も、何も知らない女性の立場からは「それのどこがスゴイの?」という素朴な疑問が投げかけられます。そうした一石が投じられることをきっかけに、新しいアイデアが生まれていくのです。

ページの先頭へ