キケロの名言・格言|哲学は真の心の医薬

このエントリーをはてなブックマークに追加

哲学者たちの全生涯は死に対する準備なり。心の真の医薬は哲学なり。


キケロ の経歴

マルクス・トゥッリウス・キケロ。共和制ローマ時代の政治家、作家、哲学者。当時の大哲学者ポセイドニオスに弁論術を学び、弁護士となる。その後、アカデメイアがあるアテナイで数年暮らしたのち、シリア属州リリュバエウム行政区の財務官に就任。その後、ローマの按察官、法務官を経て執政官に就任。カエサルを殺したマルクス・アントニウスを批判し暗殺されこの世を去る。稀代の弁論家として知られる人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕はよく「愚痴をこぼすな、くよくよ後悔するな」と言っている。第一に時間の空費だし、体も弱る。それに周囲を暗くするから、これほど馬鹿なことはないと思っている。

痩せたいなら食べる量を減らして適度に運動する、飲みすぎが心配なら酒量を減らす。こうしたごく当たり前の方法が、結局は最も有効。

気力があってこそ、知力を持てる。そのためには健康が大事。

養生の要は、自らあざむくことを戒めて、よく忍ぶにあり。

どんな業種でも人的資源こそ成功の礎。人的資源への投資、なかでも健康への投資を重視し、社員の価値を最大限に生かすよう努めています。

20分というのは、1日のうち1.4%でしかありません。1日のうち、たった1.4%という時間なら、どんなに忙しい人でも作り出せますよね?
【覚書き|一日20分の有酸素運動のための時間が忙しくて取れないのでどうしたらいいかという質問に答えて】

現代人の多くは圧倒的に運動不足です。これを解消しないことには、本当の意味で健康を取り戻すことはできません。

ページの先頭へ