岡田武史の名言|型があってそれを守るから、やがてそれを破り離れようという進化が始まる

子供時代からプレーモデルや哲学をきちんとしたメソッドで叩き込んで、正しいサッカーの型を作るべき。型にはめると自由な発想ができなくなると言われがちですが、そうではありません。守破離という言葉もあるように、型があってそれを守るから、やがてそれを破り離れようという進化が始まり、その過程で新しい発想が生まれる。それはサッカーに限らず、あらゆる分野で言えることかもしれません。

岡田武史 の経歴

岡田武史、おかだ・たけし。日本のサッカー選手、監督。早稲田大学卒。日本代表としてロス五輪予選などに出場。引退後はドイツに渡り、サッカーのコーチ法を学ぶ。日本代表コーチを経て、日本代表監督としてW杯に出場。また、Jリーグのコンサドーレ札幌の監督として同チームを育て上げた

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ