榊原英資の名言|異質なものの中に入っていくのが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

とくに価値観の違うもの、異質なものの中に入っていくのが大事。同質的な環境の中にいるとラクだから、人間は成長しない。


榊原英資 の経歴

榊原英資 さかきばら・えいすけ。日本の官僚。東京大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省。その後ミシガン大学で経済博士号取得。財務長官などを経て、慶應義塾大学グローバル・セキュリティー・センター所長

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員全員が違う方向のベクトルを持っていると総和はゼロになってしまう。これでは組織の力は出ない。いかにベクトルを同じ方向に向かせるか。一枚岩にするかが重要なんです。

迷ったり悩んだりしたときに志に立ち返ると、表面的な事象だけを見ていると気づかないことに気づくことができます。

我々金融業は欧米などでも、まずリスク管理ありきだというのを徹底的に教え込まれます。たとえばトヨタ自動車が1円のコストを削る努力を積み上げているのに対して我々金融業は、先般の証券誤発注事件でもあったように、一瞬で何百億円という損失を出す可能性もある。だからこそ金融業はまずリスク管理ありきなのです。

教養はどんなに身につけても完全ということはないので、常にアップデートすることも大切。

私は子供のときから、「3年後にはこんな自分になっている」というふうに具体的な将来像を思い描いて、そこに向かって頑張るというやり方を、ずっと続けてきたんです。でも入社時には、将来の方向性は明確にしていましたが、「具体的な目標は立てない」と自分に言い聞かせることにしました。目標しか見えなくなって突き進んでしまう傾向が私にあるからです。

言われたことをやるだけではダメ。「Aという部品がほしい」と言われて、A部品をお届けするだけでは仕事ではありません。「A部品の交換作業に付随してB部品も必要なのではないか」と考え、それをご提案する。ここまでやって、ようやく“仕事”と呼べるのではないでしょうか。

名刺の表側から社名をなくしたのも、社員が個性を維持しつつ、一人ひとりが価値を意識して自発的に動いてほしいからだ。それが結果的に我々の成果物の付加価値の創造につながり、顧客数や売上の拡大に寄与している。

ページの先頭へ