榊原英資の名言|どうやって自分を鍛えていくかということを考えていくべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうやって自分を鍛えていくかということを考えていくべき。「いま何をやるべきか」をよく考えて鍛錬していけば、将来的に、必ずどこかで生きてきますから。


榊原英資 の経歴

榊原英資 さかきばら・えいすけ。日本の官僚。東京大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省。その後ミシガン大学で経済博士号取得。財務長官などを経て、慶應義塾大学グローバル・セキュリティー・センター所長

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

『国富論』の著書であるアダムスミスが1716年にこんなことを記しています。300年も前のことです。それは、人間は、指示命令されてもモチベーションは上がらないという原則です。指示命令だけでは、自分のことにならないです。アダムスミスの結論は、「人間が自分のこととして、しっかりモチベーションをもってことに向かうためには、夢に向かっているという状況、ヴィジョンの存在が必要である」ということです。

ある音がある音へ行きたがっている。作曲家は休符1つに、これだけの感情を詰め込んでいる。音楽は詩であり小説であり、戯曲でもある。そういうことがわかると音楽が本当に面白くなる。譜面を開くたび発見が続くのです。最近はハイドンに夢中。子供たちの練習曲だなんていう人もいますが、もうすごいんだから。

利益にはこだわるべきです。利益がなければ企業は存続できない。社員や家族の生活も支えられない。しかし、社会貢献の事業を成し遂げようとの強い想いがあれば、かならずお客様が支えてくれるし、利益を追求することで社員の心が蝕まれることはない。

交友や愛の課題における失敗から逃げるために、必要以上に仕事に熱中する人がいる。そういう人は週末の休日さえ恐れる。

多額の投資をした後で、手がけた商品にニーズがなかったことがわかっても手遅れ。そこでお勧めしたいのが副業です。ヤフオクでの出品や道の駅の委託販売などを利用し、扱いたい商品を小規模販売してみる。大工場を作る前に実験プラントで試してみるのと同じで、事前に顧客のニーズがあるか確かめるのです。

私自身は渋沢栄一のように日本の資本主義を根底から変えるような事業家になりたい。

私は「アイデアマン」といわれることもありますが、自分では、そんなふうには思っていない。とにかくガムシャラに体でぶち当たって体験した積み重ねが、暗黙知になっているということなのでしょう。

ページの先頭へ