和田秀樹の名言|優秀な人ほど、朝令暮改や変節ができる

このエントリーをはてなブックマークに追加

優秀な人ほど、朝令暮改や変節ができる。ダメな人ほどいままでやってきたこと、言ってきたことに縛られて沈んでいく。


和田秀樹 の経歴

和田秀樹、わだ・ひでき。精神科医、臨床心理士、カウンセラー、作家、評論家、受験アドバイザー、学習塾経営、映画監督など多方面で活躍した。大阪出身。東京大学医学部卒。『大人のための勉強法』『数学で考えれば仕事がうまくいく』『40歳から何をどう勉強するか』『大人のための試験に合格する法』ほか多数の著作を執筆。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

顧客や仕入れ先と今まで以上にオープンな関係を築くことができれば、要望にいち早く対応できるし他社との違いも出せる。もっとも、何でもオープンにすればよいわけではなく、優位性をもたらす部分は内部にとどめて独自に育てるべきだ。

会社経営で最終責任を誰が取るかというと、経営者である私をおいて他にはいません。だからといって、リアリズムだけを押し通しているようだと、社員はついてこなくなります。

華々しい勝利から没落への距離は、ただ一歩にすぎない。

結局、漫画を描くって、過去の経験も何もかもを活かして、これまでなかったストーリーを……と四六時中、懸命に案を練ることでしかないんですよ。ですからいまでも、年に休みはせいぜい3日で、5分間のトイレの時間だって読書にあててネタを吸収する、なんて生活を30年以上も続けているわけです。

講演会やプレゼンなど、人の話を聴く機会はあるでしょう。そこで上手だなと思った人たちのやり方を真似してみる。プレゼン資料なども、これはわかりやすいと思うものは試してみる。すると、より自分に合った話し方や伝え方が見えてくるはず。

今日決めたら明日できるのがベンチャーのいいところなんです。それにいまの世の中、半年も検討してたら状況が変わっちゃいます。だから、とにかくすぐやって、それで評判が悪ければやめればいい。ブランドやプライドなんて、ベンチャーには関係ないですから。

私は率先垂範で働きます。脱サラして喫茶店をはじめ、カレーチェーンを創業したのも自分たちが決めてやったことです。誰に強制されたわけでもありません。徹底的に死に物狂いでやるのが当たり前です。1000店舗を達成したときは、半年間、制服を着てカウンターの中に立ちました。

ページの先頭へ