和田秀樹の名言|優秀な人ほど、朝令暮改や変節ができる

優秀な人ほど、朝令暮改や変節ができる。ダメな人ほどいままでやってきたこと、言ってきたことに縛られて沈んでいく。

和田秀樹 の経歴

和田秀樹、わだ・ひでき。精神科医、臨床心理士、カウンセラー、作家、評論家、受験アドバイザー、学習塾経営、映画監督など多方面で活躍した。大阪出身。東京大学医学部卒。『大人のための勉強法』『数学で考えれば仕事がうまくいく』『40歳から何をどう勉強するか』『大人のための試験に合格する法』ほか多数の著作を執筆。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ブランド価値の向上に力を注ぎ、どんな状況になろうと収益の出る体制を構築します。経営環境は厳しいですが、あくまで成長を目指します。もし成長の努力を怠ったなら、たちまち負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。

荻田伍の名言・格言|成長の努力を怠ったなら、たちまち負のスパイラルに陥る


一日にいくつもやることが重なって慌てているときには、優先順位の低い、取り組みやすいものから手をつける。仕事が片付けば気持ちに余裕が生まれて、ほどよい緊張感で最も重要な仕事に取り組めます。ただ、提出期限に間に合わないなどの理由でテンパっているなら、期限を延ばしてもらうしか不安や緊張を取り除く方法ありません。

佐々木正悟の名言|慌てているときは取り組みやすいものから手をつける


私は30代半ばまで会社員でした。会社員時代、自分の利益しか考えない上司がいました。私が最も嫌いなタイプです。そんな上司の下で仕事をしていましたが、辛いと思ったことはありませんでした。おそらく、相手と適度な距離感を保っていたからだと思います。距離の保ち方は人によって異なるので、答えも一様ではありませんが、気持ちがささくれ立つまでに自分を追い込まないほうがいいでしょう。

湯浅勲の名言|人とうまくやっていくには適度な距離感を保つことが重要


トレーニングを繰り返すことで、言葉に対する感覚を研ぎ澄まし、表現力を高めることは十分に可能です。私が勧める方法は、詩を読むことです。詩は優れた言葉の宝庫といえます。そうした言葉を存分に浴びる。それから、和歌や俳句もお勧めです。古来の表現や五七五のリズムが、表現力や言葉のセンスを育んでくれます。ビジネスに詩や和歌が役立つのかと思う人もいるかもしれませんが、一見何の関係もないように思えることがあとでジワリと効いてくることもあります。

竹田圭吾の名言|言葉の感覚の研ぎ方


規模が大きくなると、どうしても商品やサービスが、自分の手の届かない読者やお客さんに向けたものになってしまいます。でも、手の届かないお客さんに向けた仕事って、どうなんでしょう。どうも僕にはピンときません。

鍜治真起の名言|会社の規模拡大のデメリット


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ