和田秀樹の名言|上手にやめて、選択と集中を心がけないと、生き残れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業も個人も、与えられている資源と時間は限られています。だからこそ上手にやめて、選択と集中を心がけないと、生き残れない。


和田秀樹 の経歴

和田秀樹、わだ・ひでき。精神科医、臨床心理士、カウンセラー、作家、評論家、受験アドバイザー、学習塾経営、映画監督など多方面で活躍した。大阪出身。東京大学医学部卒。『大人のための勉強法』『数学で考えれば仕事がうまくいく』『40歳から何をどう勉強するか』『大人のための試験に合格する法』ほか多数の著作を執筆。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若いときに金儲けなんか考えるのは、ロクなものにならない。金儲けを目的にしたら、多少のことならと悪いことをしてでも金を儲けたいと思ってしまうものです。これは人間の本性です。金を追っかけてはいけない。

俗に「商品2割の売り8割」といわれます。多くの起業家は商品やサービスの質で勝負しようとしますが、実は、そこでは大きな差はつきません。むしろカギを握るのは、自社の商品・サービスの存在を効果的に伝える力。

いまは、音楽をつくる側には「お金がない」とか「流行している音楽をやらなければ受けない」とか、とにかく愚痴が多い時代です。でも、そうやってスレたりいじけたりしている場合ではないと思います。音楽のマーケット自体も縮小しています。しかし、そんな時代だからこそ「これが好きなんだ」「これを伝えたいんだ」という気持ちを大切にしなければならないのではないでしょうか。

資源価格が変動することに一喜一憂して、資源への取り組みをやめるというのは、短絡的に感じる。ただし、資源一極集中は商社としての強みが出ない。インフラや生活産業などの重点分野を均等に攻めていく。

儀式、官職や位階による服装、厳粛な面持ち、荘重な目つき、ゆっくりした歩き方、もってまわった話し方など、およそ威厳と呼ばれるすべてのものは、実は恐怖心を抱いている者たちの偽装である。

幸い当社の創設者は3人とも非常にプラス思考の人間で、我々は恐怖心ではなく可能性にフォーカスして経営しています。

キャスト(スタッフ)が仕事に誇りを持って働いてくれる職場にしていくことがすごく大切。

ページの先頭へ