板尾創路の名言|客観性を持って自分を見ることができるかどうかが、その先を左右する

客観性を持って自分を見ることができるかどうかが、その先を左右するんやないでしょうか。

板尾創路 の経歴

板尾創路、いたお・いつじ。日本のお笑いタレント、俳優。大阪府出身。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。蔵野孝洋(ほんこん)とお笑いコンビ130Rを結成。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、NTTデータを夢と感動が共有できる会社にしたいと考えています。夢とは、お客様の仕事のやり方や社会の仕組みを変える提案を行うことです。そして、プロジェクトマネジメントによってそれが実現するとき感動が生まれます。人類を月に立たせたアポロ計画が偉大なお手本です。

山下徹の名言|夢と感動を共有できる会社にしたい


Gショックは一度飽きられた時に電波時計の技術を盛り込んで復活しました。最近はGPSを入れて、電波とGPSの両方の技術を採用しています。

樫尾和雄の名言|Gショックが復活した理由


とにかくチームを活性化していくためには、若手選手を実戦で入れていかなければなりません。ベテラン選手ばかり使えば、当然安定した戦い方はできますが、それだけではチームは衰退していきます。

長谷川健太の名言|ベテランばかり使っているとチームは衰退する


働くことが楽しいと感じる。楽しいと思えば、社員の生産性も上がる。そういう会社でありたい。

ギャビン・ロビンソンの名言|働くことが楽しいと感じる。楽しいと思えば、社員の生産性も上がる


経営理念を伝えるということで言えば、松下電器(現パナソニック)には、松下幸之助の片腕として活躍した高橋荒太郎という名番頭がいました。荒太郎さんは「ミスター経営理念」とも呼ばれ、口を開けば経営の基本的な考え方と理念を社員に説き続けました。浸透するまで繰り返し理念を伝えることが大切ですね。

松下正幸の名言|浸透するまで繰り返し伝えることが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ