板尾創路の名言|30代は、何か核を決めていくべき時期

30代の10年は、何か核を決めていくべき時期だと思うんですよ。人は年を取っていくし、この先、自分がどう生きていくか。男はとくに迫られるところやと思います。

板尾創路 の経歴

板尾創路、いたお・いつじ。日本のお笑いタレント、俳優。大阪府出身。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校卒業。蔵野孝洋(ほんこん)とお笑いコンビ130Rを結成。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちは「本業を通じた社会貢献」といっていますが、株式や投資信託、債券などへの投資を通じて、企業や社会の成長に参画していただく。しかも日本だけでなく世界の成長にも貢献していく。投資にはそんな視点もあると考えています。

鳥海智絵の名言|本業を通じた社会貢献


7時30分に出社してから正式な始業時間の9時までが、ある意味で私の自由時間です。業界紙も含めて新聞をじっくり読み、メールもチェックします。手帳も確認してその日の準備を整えます。

高萩光紀の名言|始業前は自由時間


外部の人の方が、冷静に対処できるものです。企業の場合もビジネスの論理を理解している外部の人の方が、危機には的確に対処できます。内部の人間は「そこまで悪くない」と思いたがるものです。

リスト・シラスマの名言|外部の人の方が、冷静に対処できるもの


強い志が必要。お客様の大切なお子さんを預かるのだから、その期待に応えられる志を持ったオーナー様を選ばせていただいている。

下村勝己の名言|強い志が必要


ギターのテクや、歌だけが上手くても、肝心の表現者の経験が浅ければ、客はグッとこない。情報を仕事に生かしたいなら、自分自身があらゆる情報を受け入れる集合体にならなきゃな。

泉谷しげるの名言|自分自身があらゆる情報を受け入れる集合体にならなきゃ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ