南雲吉則の名言|内容がまともでも相手に届かないと意味がない

単に書いても人に伝わらない。わかりやすく面白い内容を意識した。これはテレビ出演で学んだこと。内容がまともでも相手に届かないと意味がないから。

南雲吉則 の経歴

南雲吉則、なぐも・よしのり。日本の医師、医学博士。東京都出身。東京慈恵会医科大学卒業。東京女子医科大学形成外科、癌研究会付属病院外科、慈恵医大学第一外科乳腺外来医長などを経て乳房専門のナグモクリニックを開業。テレビや各種メディアでも活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

両親ともスポーツマンで、父は野球、母はバドミントンを社会人までしていた人です。父はプロを目指しながらも、なれなかったので「プロは甘いものじゃないぞ」といつも厳しさを伝えられてきました。周りから多少持ち上げられても、父の言葉で、身が引き締まりましたね。

大谷翔平の名言|周りから多少持ち上げられても、父の言葉で、身が引き締まった


部下とは常に上司の評価を気にしている存在です。そんな部下の心をわしづかみにするにはどうすればいいでしょうか。褒めすぎれば舐められてしまいます。しかし、まったく褒めなければ部下に関心がない上司ではないかと思われてしまう。だからふとした会話の合間などにチラリと褒めるのです。チラ褒めされた部下は、上司が自分に目をかけてくれていると感じます。しかし、完璧だと褒められたわけではありません。もっと仕事をして、もっと上司に認めてもらわなくてはという心理が働きます。

望月明美の名言|チラ褒めの効果


仕事のプレッシャーや人間関係の悩みに押し潰されそうな人がいたら、僕は、「そこから逃げてもいいよ」といってあげたいと思います。僕自身、ずっと逃げ続けてきた人間です。学校から逃げて登校拒否になり、高校も中退し、ようやく社会に出て会社勤めをしても、また逃げてしまいました。いまいる場所が本当につらくて、一歩も前に進めずにいるなら、全力で後ろ向きに走って逃げて、その先でやれることを見つければいいと思います。自分を追いつめた結果、うつ病になったり、最悪の場合自殺したりする人も増えている現状を見ると、やっぱり「死ぬくらいなら逃げなさい」といいたくなります。

家入一真の名言|死ぬくらいなら逃げなさい


最初は順調に業容を拡大していたのですが、社員が15人になったとき、突然、人が辞め出したのです。どんなに補充してもすぐに辞めてしまう。クライアントでも同じような症状が出ている中小企業がありました。そして、悩みぬいた結論として、大企業のように仕事のルールが、きちんと定められていないことが原因だとわかりました。

村形聡の名言|社員15人の壁の乗り越え方


なんのためにこの仕事を行なうのかを常に意識すると、目的と合致しないタスクを発見できます。たとえば細部の品質にこだわって、早い納品を望む顧客を待たせるのは「顧客満足」という目的を見失っている、とわかるでしょう。

古川武士の名言|目的を意識しながらタスクを見てみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ