南雲吉則の名言|内容がまともでも相手に届かないと意味がない

このエントリーをはてなブックマークに追加

単に書いても人に伝わらない。わかりやすく面白い内容を意識した。これはテレビ出演で学んだこと。内容がまともでも相手に届かないと意味がないから。


南雲吉則 の経歴

南雲吉則、なぐも・よしのり。日本の医師、医学博士。東京都出身。東京慈恵会医科大学卒業。東京女子医科大学形成外科、癌研究会付属病院外科、慈恵医大学第一外科乳腺外来医長などを経て乳房専門のナグモクリニックを開業。テレビや各種メディアでも活躍。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

イノベーションはみんなの知恵を出し合って生まれるもの。

人と人とは、完全にはわかりあえないのかな、と思っています。だから、相手に想像してもらうのではなく、きちんと気持ちを伝えあうのは大事なことではないでしょうか。

我々は世界でビジネスをしていますが、国際企業として最も大切なのは会社としての価値観と、それを実現するための行動様式を全世界で共有することです。

長いビジネス人生でいかにすれば敗者にならずに過ごすことができるのか。私は、自分を磨き、成長するためには「学ぶ習慣」を身につけることだと考えています。

「利より信」を続けていると、幸せにする範囲も広がっていきます。毎朝の清掃活動では、お隣の店前や道路も併せて掃除をする。地域の行事やボランティアにも、積極的に参加する。そうした地道な取り組みから、好循環が生まれ始めました。

上手く話しをするということは、一種のよい行為だ。しかし、言葉は言葉、行為ではない。

リーダーシップは特殊な能力ではなく、必要な教育や訓練を経ることで鍛えられ、身につけられます。そのためにマッキンゼーで呪文のように繰り返されるのが「バリューを出す」という言葉です。「何らかの成果(付加価値)を生む」という意味なのですが、1年や1カ月といった単位ではなく、ひとつの会議などごく短い時間で「どんなバリューを出したか」が問われます。

ページの先頭へ