南雲吉則の名言|まずは食事を減らして気持ちを変える。そうしたら仕事の仕方が変わり、成果も変わる。

まずは食事を減らして気持ちを変える。そうしたら仕事の仕方が変わり、成果も変わる。

南雲吉則 の経歴

南雲吉則、なぐも・よしのり。日本の医師、医学博士。東京都出身。東京慈恵会医科大学卒業。東京女子医科大学形成外科、癌研究会付属病院外科、慈恵医大学第一外科乳腺外来医長などを経て乳房専門のナグモクリニックを開業。テレビや各種メディアでも活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者や管理職の給料が高いのは、会社や部門を正しく導けるだろうという信頼があるからです。そして信頼感には希少性がある。だから、大金を稼ぐのは一部の限られた人なのです。若手の給料が安いのは仕事を任せられるだけの信頼感がなく、交換の利く人材に過ぎないからです。そういう理解がないと、大金は稼げません。だから皆さん、信頼を集めることとお金を稼ぐことは、等価であると考えて仕事に打ち込んでください。

小笹芳央の名言|信頼を集めることとお金を稼ぐことは等価


理解や分析以前に「感じる」ことが不可欠です。とくに、お褒めやお叱りをいただいたときには、そのお客様がどれくらい喜ばれたのか、ご不快だったのか、といった感情の「度合い」を感じ取ることが必要です。これらは数字で表わすことができない領域ですから、感じ取って記憶に残すしかありません。こうした感覚を研ぎ澄ませることも、勘を磨くことに通じます。

大川順子の名言|お客様の感情の「度合い」を感じ取ることが必要


雑談は巧くなくてもいい。些細な会話にこそ誠意を込めて、相手の言葉をしっかりお腹に落とし、またお腹から言葉を返す。目を見ることや笑顔は大事でしょう。もちろん丁寧な言葉遣いであるに越したことはありません。

村岡恵理の名言|雑談は巧くなくてもいい


人間は理論より感情で動きます。「この人は肌に合わないな」「嫌だな」と感じる相手より、「この人は約束を守る人だ」「信頼できそうな人だな」と感じる相手の方が、当然、仕事がやりやすい。信用を得たあとは自然と相手との距離が縮まります。信じて欲しいと言うだけでは駄目で、実行することがポイントです。

住谷栄之資の名言|信用されることの利点


どんな仕事であっても、みんながやりたくない、嫌がる仕事には、突破口となるチャンスが隠れている。

三國清三の名言|みんなが嫌がる仕事には、突破口となるチャンスが隠れている


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ