高谷康久の名言|理想の経営

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の理想は、財閥企業のように、たとえ個々の経営者の顔が見えなくてもしっかりとした体制で高収益をあげる経営。


高谷康久 の経歴

高谷康久、たかたに・やすひさ。日本の経営者。「イー・ガーディアン」社長。大阪府出身。関西学院大学法学部卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン、京セラを経てイー・ガーディアンを設立。同社を東証一部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社を弱くするのは、何も個人主義のせいではありません。彼らが個々人であるということを忘れ理解しない上司の指導力こそが、その原因なのです。個人のパーソナリティを会社に合わせるのは、社員の責任ではありません。個々人のパーソナリティを理解し、チームとして、家族としてまとめ上げることが上司の責任なのです。

感謝は人間関係を育み、人生をうまく回すために必要不可欠。ただし、おざなりの感謝をしていても、相手の心には響かない。それどころか、上っ面の感謝は見抜かれて「この人にはがっかりだ」と思われることすらあり得る。

一貫して法人営業畑を歩んできた。当時から心がけていることは、必ず現場を自分の目で見ること。

熱意があれば、まわりの人がその熱意にほだされて、みな一所懸命やりますよ。なんぼ賢い人でも経営に熱意をもっておらんと、まわりが動かん。

仕事というのは、自分の可能性を見つける手段のひとつだと思うんだ。その仕事をやっていくうえで大事なのは、「自分に対する想像力」を持ち続けること。「自分にはもっとこんなことができるのではないか」と考えるから、自分を駆り立てていけるわけだし。それを持ち続けられさえすれば、会社を辞めても辞めなくても道を切り拓いていけるんじゃないかな。

多くの企業は対策として、コモディティー化した製品からは撤退し、付加価値の高い製品を作ると言います。付加価値の高いモノを作ることは、企業としては当然のことで異論はありません。ですが、汎用品は本当にだめなのでしょうか。私はそうは思いません。撤退以外の道がいくらでもあるからです。

ハード部分もセガ単体でつくることは可能でしたが、自分が大好きになったダーツマシンをつくっているメダリスト社というアメリカのメーカーと一緒にやりたいという気持ちが強くありました。だから、一人アメリカに渡って、メダリスト社の門をたたきました。ネットワーク化によってダーツの楽しさがいかに増すかを先方のオーナーに説明しましたが、「お前の熱意はよくわかるが、説明はよくわからん」といわれ、そんな状態が結局、2年くらい続きました(笑)。
【覚書き|その後、セガとメダリスト社との合弁事業がはじまった】

ページの先頭へ