高谷康久の名言|常にアンテナを立てて可能性を探る

自前の技術にはこだわらず、顧客サービスをより充実させるため、常にアンテナを立てて可能性を探っています。

高谷康久 の経歴

高谷康久、たかたに・やすひさ。日本の経営者。「イー・ガーディアン」社長。大阪府出身。関西学院大学法学部卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン、京セラを経てイー・ガーディアンを設立。同社を東証一部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

異業種で好調な企業を見比べて、売り方の違いが業績にどう反映されるかを見るのが非常に参考になります。たとえば、ファッションセンターしまむらと、ユニクロを見比べるのです。

つくる、運ぶ、売る、それぞれプロを集めたほうが、お客様にいいサービスを提供できる。

起こってしまったことは、どうしようもありません。いつまでも、悲しみに暮れていてはいけないのです。辛いかもしれません。苦しいかもしれません。しかし、前を向いて歩いていくしかありません。

結果を出すことに妥協しないことも大切だ。仮に、リヴァンプのパートナー(従業員)が、相手先の付加価値を高めることができないようであれば、別のものに交代させることも辞さない。現在の状況に満足しているわけではない。まだ取り組むべき課題は多く、安易な妥協は許されないと考えている。

伝統市場の中だけでいくら物事を考えても成長機会はない。

社長の私が何度言っても変わらなかったことが、お客さんの生の声で次の日から改善、なんてことはよくあります。

今後、新たな運営手法の開発などあらゆる実験をする。しかし、これだというものを確立するには3年はかかるだろう。

そもそも海外転勤が本当に必要なのか精査することも不可欠だ。転勤は本人にとっても企業にとってもコストがかかる。現地職員で代替できないのか、転勤せずに出張などで済ませられないのか、見直す契機になるだろう。

人間は「節目をしっかりつけること」が大事だ。なにか仕事をする、あるいは失敗する、挫折をする、誰もがそういう経験を幾度もするものだ。だが肝心なことは、その「節目」をしっかり認識し、自覚に立って次のスタートをきることだ。

笑顔こそが地球を救う。

ページの先頭へ