高谷康久の名言|常にアンテナを立てて可能性を探る

自前の技術にはこだわらず、顧客サービスをより充実させるため、常にアンテナを立てて可能性を探っています。

高谷康久 の経歴

高谷康久、たかたに・やすひさ。日本の経営者。「イー・ガーディアン」社長。大阪府出身。関西学院大学法学部卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン、京セラを経てイー・ガーディアンを設立。同社を東証一部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「どんなものでも安いほうがいい」。ほんとうにそうですか? 日本人はそんな人ばかりじゃないとぼくは思います。高くてもいいものがほしいと思う人もいっぱいいますよ。あんまり消費な者を舐めたらいかん。

企業にとって重要なことは、時代の変化に順応していくこと。脱皮しない蛇は死ぬのと同じように、その時、その時の服装に着替えないといけない。

聞くだけだと忘れるだろう。メモを取れ。

営業をするときは、ほかの人と同じことをやっていては仕事に結びつかない。

セブンイレブンを作った時も、銀行を始めた時も、業界内やマスコミから総スカンを食った。うまくいくなんて誰も言わなかった。でも私はそれをやってきた。人間は自分の頭の外のことは「無理」と思いがちだ。だが重要なのは世の中の矛盾に気づき、その壁に向かって挑戦できるかだ。成功体験にすがらなければ、人口減も成長の糧になる。それ以外の細かなやり方については、次のリーダーが私と違う手法でも構わない。

私はよく「仕事を恋愛に変えろ」と言います。恋人に対していろいろなことをするのは、相手に尽くしたいからであって、見返りを求めてではないでしょう。見返りを求めるのは、歪んだ恋愛です。仕事も同様で、お客様や世の中に尽くすもの。そこに働きがいがあるのです。

全部1人でやろうとせずに、社員や他の役員と意思疎通を緊密にして、任せられることは任せることが重要。経営方針さえ全員で共有できていれば、従業員は主体的に動いてくれる。

生産者と、我々のような販売者は、これまで接点がなかった者同士です。我々がいきなり生産者を訪ねても、相手からすれば、「東京者が騙しに来たに違いない」と怪しまれるだけ。そこで、地方行政にあいだに入ってもらうことで、我々の話に耳を傾けてもらえるのではと。地方行政に対して我々が生産者と直接関わることのメリットをプレゼンし、その口添えを得ることで、生産者の信頼を獲得していきました。

相手の名刺がシンプルなときは、肩書きに注目。「イメージコンサルタント」などのカタカナ職業や、「○○第一部○○推進室」など漢字が長々と並んだ部署名は、「どんなお仕事なんですか」と質問するチャンスです。

起業してから最初の1年は仕事がほとんど無く、様々なバイトを掛け持ちして食いつないでいました。それから徐々に仕事をいただけるようになり、会社が大きくなればなるほどお金がかかるものだと実感したものです。銀行から1億円を借金した時はドキドキしましたが、開き直りの精神で乗り切りました。

ページの先頭へ