高谷康久の名言|日本企業ならではのきめ細かなサポート体制は海外で大きな競争力となる

日本企業ならではのきめ細かなサポート体制は海外で大きな競争力となる。

高谷康久 の経歴

高谷康久、たかたに・やすひさ。日本の経営者。「イー・ガーディアン」社長。大阪府出身。関西学院大学法学部卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン、京セラを経てイー・ガーディアンを設立。同社を東証一部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「貯まらない人」にはいくつかの共通項がある。「お金をちょこちょこ下ろす」「通帳の記帳もネットバンキングの利用もしていない」「銀行口座から毎月いくら引き落とされているか、自分が毎月いくら使っているか分からない」……。こうした特徴が当てはまる人は、注意が必要だろう。

役職については、配役だと言っています。役職というと、固定化しやすい。映画でもタイトルが変われば、出演する俳優の訳が変わるじゃないですか。

基本はあっても正解はないのがベンチャー。メガチップスの創業期には、ピンチが我々に推進力を与えてくれました。

私は、いわゆる売り込みをしたことがありません。代わりに、人の役に立つブログ記事を書いて自らの専門性をアピールしたり、やりたい仕事や志をSNSで発信したりしています。すると、人脈を伝って誰かの目にとまり、顧客増加につながるのです。

新たな販売チャネルとして、保険料のシミュレーションからお申し込みまでを、ホームページ上で一貫して行えるサービスを立ち上げ、ホームページ全体も「使いやすく、分かりやすく」をモットーにリニューアルし、コンテンツやデザインを整えました。

報告、連絡、相談。いわゆる、ホウレンソウの重要性は昔から指摘されてきました。営業や生産などの現場の第一線に立つ部下からの情報を間を置かずに入手して、瞬時に判断を下し、部下に指示を出す。ビジネスコミュニケーションの基本といってもよいでしょう。しかし、いくらITが発達しても、フェイス・トゥ・フェイスの会話が重要だと考えています。

プレゼンでも肝心なのは、相手がなにを持って帰るか、どう考えやすくするかだから、写真でも、ネーミングでも、目標でもかまわないので、一番、相手に持って帰ってもらいたいものを明確化して示す。それでいけると思います。聞いている人を味方にするというか、巻き込む作業なのですね。巻き込めたら勝ちです。

書店で本を買う楽しさをお知らせする。お客様が本と出会う機会を提供し、ワクワクするような店づくりをしようということで、昨年、新宿本店を改装してイベントスペースを拡張した他、新宿南店には喫茶店を設置しました。「お店に行けば楽しい」と思っていただくために、出版社と協力した店作りも積極的に進めています。

ある事件が理由で、14年度の粗利が34%吹き飛んでしまいました。私自身は「これは駄目かもしれない」と覚悟を決めましたが、すべての社員が「大切な会社と仲間を守る」と熱い決意で一つになり猛烈に働いてくれた結果、事件の7か月後には創業以来最局の売り上げと利益をあげることができた。

年齢で記憶力が衰えることはないと私は思っています。歳を取ると記憶力が悪くなると思い込んでいるから、覚えられないのではないでしょうか。あるいは、何かを思い出せないのは、本当はそのことを重要だと思っていないからかもしれません。

ページの先頭へ