高谷康久の名言|日本企業ならではのきめ細かなサポート体制は海外で大きな競争力となる

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業ならではのきめ細かなサポート体制は海外で大きな競争力となる。


高谷康久 の経歴

高谷康久、たかたに・やすひさ。日本の経営者。「イー・ガーディアン」社長。大阪府出身。関西学院大学法学部卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソン、京セラを経てイー・ガーディアンを設立。同社を東証一部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

三菱食品の森山透社長も、私と同じ三菱商事出身で旧知の関係です。互いに遠慮がないので、「本気で行きますよ」と伝えて、早速、様々な取り組みに着手しています。三菱商事とも同様で、本当の意味での「ウィン・ウィン」の関係を実現すべく、互いに踏み込んで、本気の勝負を挑んでいます。

社員数は増やそうと思えばいくらでも増やすことはできました。でもそれでは社員の質が落ちると思い、そうしませんでした。「少人数精鋭」です。少数精鋭ではありません。少数精鋭は大人数の中に少数の精鋭がいる意味ですが、我が社は全員が精鋭なのです。

今の時代、ネットで情報を集め、自分で資料を読んで、データを分析できる。それも大事だけれど、実際に人と触れ合わないと分からないことも多い。

緊張しているのは自分だけではなく、お客さんも緊張しているのだということを忘れてはいけません。相手のためにまず自分から心を開き、親近感を出せばお客さんも少しずつ心を開いてくれる。

当社(ジャパンディスプレイ)は半導体やデジタル家電分野のようにコモディティ(汎用)化で苦しむ懸念はありません。中小型液晶パネルは顧客ごとに設計や仕様が異なるカスタム品であるということはもちろんですが、一番の大きな違いは、中小型パネルは完全な設備産業ではないということです。現在、コモディティー化に苦しんでいる製品分野の多くは、かつて「イケイケどんどん」で投資競争が過熱した設備産業でしょう。設備産業というのは、カネをどれだけふんだんに持っているかによってマーケットシェアが決まってしまうものです。

「やらなくていいこと」は、組織やチーム全体の状況を把握している上司にしか決められません。「やらなくていいこと」を決めるのは、上司の大事な役目だと心得てください。

むやみにインプットを増やすのは得策ではありませんが、「気になること」があれば現場にすぐ向かう。すると、アウトプットにつながることも多い。

ページの先頭へ