榊原英資の名言|仕事はできるだけ自分で選びたいとは思っていた

このエントリーをはてなブックマークに追加

これといった目標があって官僚になったわけじゃないんだ(笑)。ただ仕事はできるだけ自分で選びたいとは思っていましたね。2、3年の短期目標を作り、常に挑戦していこうと。


榊原英資 の経歴

榊原英資 さかきばら・えいすけ。日本の官僚。東京大学経済学部を卒業し、大蔵省に入省。その後ミシガン大学で経済博士号取得。財務長官などを経て、慶應義塾大学グローバル・セキュリティー・センター所長

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

バブル崩壊までの日本は、「隣が買うから私も買おう」という、ブランド志向の強い、ある種発展途上国型の消費だったと思います。バブル崩壊後、そういった志向は薄れてきましたが、リーマンショックが一気に後押しして、「使うお金に対してどれだけ期待に見合う価値があるのか」「本当に必要なものを厳選して買う」というバリュー消費と呼ばれる欧州型の価値観に日本が近くなっているのだと思います。

同じような作業はまとめて行なう。グローバル企業に勤めていた頃は、1日にメールが200~300通も届きました。そこで、メールの確認・返信作業は朝にまとめてやると決めていました。企画書作成のための情報収集なども、時間帯を決めて一気にできる作業ですね。

リーダーは、本質的に変革を生み出す人です。優れたリーダーは、「去年と同じようにやろう」という考え方を一番嫌います。

ストレスは絶対的に悪だということではありません。人類がまだ狩猟生活をしていた頃は、たとえば猛獣との戦いや自然災害がストレスになっていたはずです。人はストレスを感じたとき、交感神経が活発になり、瞳が開き、汗が出て、筋肉が緊張します。それにより瞬間的に大きな力を発揮することができ、生命の危機を乗り越えてきたわけです。それが遺伝子に組み込まれているため、現代人もストレスにさらされたとき、同じ反応が起こるのです。問題は、自然災害や猛獣との戦いがストレスだった時代に比べ、現在はこうしたストレスが頻繁に起こることです。

海外赴任する前に基礎が身についていると、その後の伸びが全然違ってきます。外国語にたとえてみるとよくわかるでしょう。前提知識がまったくない人が現地で学んだ場合と、ある程度の基礎がある人とではその習得スピードに大きな差がついてきます。

「人生でやりたいこと」とは、多くの場合、いますぐ手をつけなければならない緊急事項ではないでしょう。しかし、仕事で多忙を極めているはずの高年収者ほどそのための時間を意識して生み出し、努力してスケジュール化しています。

反論するのを恐れるな。選手の前で俺とやり合え。それがキャプテンの仕事だ。

ページの先頭へ