久瑠あさ美の名言|心をすり減らさないためには視点を変えればいい

自分の性格を変えることは難しい。でも、「心の在り方」は変えられます。心をすり減らさないためには視点を変えればいいんです。

久瑠あさ美 の経歴

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

フルスロットルで走ったことありますか。フルスロットルでいっぺん、1週間でも1カ月でもやってみろと。本当の能力が出てきますよ。2日徹夜したら3日目は死ぬとかって言うけど、死なへんねん、そんなもの。

就寝前には、「これから眠る時間だ」という気持ちの切り替えが大事です。ほの暗い照明、静かな室内などの寝室環境は、そうした切り替えを促します。眠る時間が楽しみになるようなひと工夫、たとえばアロマの香りを楽しむ習慣も有効です。

ブランドは企業が持っているものと考えがちですが、それは誤りです。むしろブランドを認知して購入する消費者がブランドを持っているのです。

課題はいつ降ってくるかわからない。「よいチーム」が編成できるように、日頃から「人材のポートフォリオ」を整えておくといいだろう。社内外、業種や職種、公私を問わず、自分の持っているリソースやバックグラウンドとまったく異なる人とつながっておくといい。

1時間を15分単位、さらに5分単位で意識してみましょう。時間を細分化して意識することで、時間のセンスが磨かれ、無駄な時間にも気づけます。

発見みたいなものがあるから、「次の絵を描いてみよう」っていうふうになれる。

少年漫画には、普通はこうしてねと言われるルールがいくつもあります。外国人は出さない、女の主人公は出さないとか。でも僕はわざと反発したわけではなくて、自分なりのセオリーに従って漫画を描いていたらそうなりました。

扇は、たとえ尊い方から立派なものを賜わっていても、自分では百文の金で三本も買えるくらいのものを持つといいだろう。衣裳のことについても、いろいろと選り好みをすべきではない。同輩の人たちよりも差し出た、きらびやかな物を着てはならない。

国民が政治家を信頼できなくなったら、誰を信じれば良いのか。政治家は国民に対して絶対に嘘を言ってはならない。

起業の一歩を踏み出した瞬間から、予想外の出来事が次々にあなたを襲うでしょう。それを楽しいと思えるか、つらいと思うのか。前者であれば、あなたは起業家に向いていると思います。

ページの先頭へ