久瑠あさ美の名言|心をすり減らさないためには視点を変えればいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の性格を変えることは難しい。でも、「心の在り方」は変えられます。心をすり減らさないためには視点を変えればいいんです。


久瑠あさ美 の経歴

久瑠あさ美、くる・あさみ。日本のメンタルトレーナー、ファッションモデル、ラジオパーソナリティ。愛知県出身。『JJ』『Ray』のファッションモデル、ラジオパーソナリティなどを経て心理カウンセラーとなる。プロスポーツ選手、経営者、アーティストなどのメンタルトレーニングや心理カウンセリングを行った。著書に『一流の勝負力』『ジョハリの窓 人間関係がよくなる心の法則』『メンタルトレーナーが教える 恋を叶える心の法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社に入った以上は、会社の決定に従い、余力を尽くす。それは普通のこと。でも、その普通をやり通せる人はめったにいない。「普通のこと」をやり通せる「真面目なサラリーマン」は極めて少数なので彼らは経営者や上司を感動させることができる。

組織や財務に力を入れても、顧客となるファンはつかめません。入り口となるのはあくまで商品ですから、いかにしてそこにファンをつくるかという戦略を考えましょう。

驚いたのは、割引クーポンを抵抗なく使うお金持ちが少なくないこと。「見栄なんて関係ない。ムダ銭は1円も払わない」という思考が徹底しているんですね。安いだけで不要なものを買うことは皆無です。

バンダイとナムコの経営統合に際しては、対等合併と持ち株会社を作ることにこだわりました。私がバンダイの社長になる前、バンダイはセガとの合併を試みたことがあります。バンダイの社員はセガに吸収されることを恐れ、結局は破談となりました。同じ失敗を繰り返したくなかった。

ありがちなのは、お客のときは不満があっても、仕事となると会社の都合で考えてしまうことです。どんなときも変わらない視点を持てば、悩んだり、迷ったりせず、判断できる。

40代は家計面でも注意が必要です。収入が増えると、いい車に乗ったり、休みに毎回海外旅行に行くなど、生活レベルを上げたくなるものです。ただ、子どもが大学に通うようになると、家計は一気に厳しくなる。そこで生活をスリムにできればいいのですが、たいていの人は一度上げたものを下げることができません。

常に特定の行動を取り続けることで、人は特定の資質を獲得する。

ページの先頭へ