竹田陽一の名言・格言|経営者は一位を目指す分野と、手を出さない分野をはっきりさせろ

強い商品や強い有料サービスをつくるには、自分の会社の経営規模と競争相手との力関係を考えたうえで、将来どの商品や有料サービスで一位を目指すか、中心となる重点商品をはっきり決める必要があります。商品の範囲もはっきり決めておかなければなりません。調子に乗って一見儲かりそうなものに手を出す癖のある人は、これとこれには絶対に手を出さないとはっきり決めておけば安心です。

竹田陽一 の経歴

竹田陽一、たけだ・よういち。日本の経営コンサルタント。統計データとランチェスター経営を軸に行う、従業員数100人以下の中小企業向け経営コンサルティングに定評がある。福岡大学経済学部卒業後、建材メーカーで経理とルート営業を6年経験後、東京商工リサーチに移り、中小企業の倒産リサーチを16年担当。その後、経営コンサルタントとして独立

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お金をかけて何かを独占するというとイコール悪だと思う人もいますが、必ずしもそうではない。マイクロソフトがあれだけ独占的にパソコンのソフトを押さえていますが、それが単純に悪でしょうか?ビルゲイツがあれだけの労力と思い入れでやっているからこそ、パソコンがどんどん伸びているという見方もできると僕は思います。

孫正義の名言格言|独占企業は善か悪か


競争原理のもとでは、つねに一歩先を読み、先手を取らなければいけない。後ろ手に回った途端、コストは倍に膨らみます。ビジネスとは言ってみれば市場環境の変化など、時代が作り出す状況と相関関係にある関数です。時代の状況が変われば、経営の重要なポイントも変わってくるのです。状況が変われば事業の優劣関係もコロッと逆転するかもしれない。

西田厚聰の名言 格言|時代が変化すれば、経営の重要なポイントも変わる


いろいろと選択肢はあったのですが、マーケットの小さいところでは企業の拡大が難しいと予想して、マーケットの大きいところを探そう。なおかつ、世の中の人たちが求めているけれど今ないもの、これを提供しようと考えました。また、大成しなくとも、自分がおじいちゃんになっても心から「この仕事が好きだ」と思えるビジネスってなんだろうと考えました。

野尻佳孝の名言 格言|起業前の参入ビジネス選びで考えた2つのこと


お客様の「おいしかった」という言葉は総合点。食事だけの評価ではないと思っています。カシータでは、もっと広い意味でお客様の快適さを追求したレストランを目指しているんです。居心地の良さを作るのは、ハードだけではないと思うんです。人は人によってのみ癒される。人の力によってできる空間、居心地の良さってあると思うんです。

高橋滋の名言 格言|飲食業にとってお客様の「おいしかった」は味だけへの評価ではない


これは金儲けのビジネスではなく、大損をするもの。私は(FOMの)理事会から叱責を受けるだろう。(覚書き|トルコGPが行われるサーキット場イスタンブールパークを買収した時の言葉)

バーニー・エクレストンの名言・格言|大損をする選択


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ