紀平正幸の名言|投資を始める前に家計のダウンサイジングを

マネー戦略というとすぐに投資を始めようとする人が多い。その前に、まず家計のダウンサイジングこそ優先されるべき。そこで元手を蓄えた上で投資しないと、投資効果も低いばかりか、小さな失敗で元手をゼロにしてしまつのがオチです。

紀平正幸 の経歴

紀平正幸、きひら・まさゆき。日本のファイナンシャルプランナー、ライフカウンセラー。東京都出身。東京FPコンサルティングを設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

高校時代から野村証券でアルバイトをし、社員以上に働いていました。関西大学に入って気付いたのは、自分は大学でスキルアップできるのか、ということです。単位をとるだけで、誰も勉強しないんです。時間の無駄なんですね。それで2年で中退し、アルバイト先の野村証券に入社し3年間勤務しました。

人間は他者との競争を通して自分自身の強みや弱みを知り、人生における己の武器と立ち位置を見いだしていく。

経営者と話していると、どこに行ってもやっていける人がほしいという。どこも行けない人が多い会社では困ると。いま、後者の人を会社も雇う余裕はないですから、専門性を身につけることは生き残るうえで必須でしょう。

世の中には玉石混交の情報が溢れています。コンセプト思考がいつでもできるように、本質的なものだけを選ぶのが理想的な情報収集の方法ともいえるでしょう。しかし、ある程度のボリュームの情報に繰り返し触れないと、情報の目利きにはなれません。

何があっても挑戦し続けるという精神を、いつも持たなければならない。

自分の部下でも十分に見抜けないことがあります。自分が良い人物だと評価していた部下が、実はみんなからの評判が悪いとか。やはり、いろんな人間と話してみないといけないなと思います。自分だけの思い込みというのがありますから。

報告書の必須条件は、仕事の成果である出口と日程の時間軸がきちんと書かれていること。ストーリー展開にメリハリがきいて起承転結がハッキリしていること。そして簡潔なことです。この条件は報告書であれ、研究発表や経営会議での報告であれ、重要なポイントになります。報告を受ける側は忙しい立場の人が多く、ダラダラと報告されてはかないません。

企業の効率主義は決して悪いことではありません。しかし、度の過ぎた効率主義はその企業を社会悪へと走らせます。企業の経営者が度の過ぎたことを社員に要求し始めると、その社員はとんでもないことを始めるわけです。

誰もが付加価値の高い直接経験を手にできるわけではありません。獲得するためには、経験の持つ3つの特徴を押さえておく必要があるでしょう。

  1. 経験とは「資源」であるということ。それは、悲しいかな、全員に均等配分されるわけではありません。将来の見通しを持って付加価値の高い経験へと前向きに取り組み、こなせる人に対し、上司の手によって選択的に配分されるということです。
  2. 経験とは「資本」として機能するという側面があるということ。つまり、付加価値の高い経験を成し遂げた個人は、上司に「あの経験を積んでいるから、これもこなせるだろう」と判断され、さらに大きな経験を付与されます。
  3. 経験によって得られた価値を第三者に示すには、ストーリーが必要であること。どのようなことを経験し、そこから何を得たのか。定期的に内省(振り返り)し、語れるようにしておくことが求められます。

月曜の定例会議はなるべく会社にいますが、それ以外は電話、スカイプ、メールをフルに活用すれば、十分にコミュニケーションは取れます。

ページの先頭へ