アンデルセンの名言・格言|旅は若返りの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅は私にとって精神の若返りの泉だ。


アンデルセン の経歴

ハンス・クリスチャン・アンデルセン。デンマークの代表的童話作家。デンマークのフュン島オーデンセ出身。貧しい家に育ち、父の急逝から11歳で学校を中退。15歳のときにオペラ歌手になるためにコペンハーゲンに行く。デンマーク王立バレエ団バレエ学校に所属し、王や王立劇場支配人などの援助で大学で文献学と哲学を学ぶ。『ホルメン運河からアマゲル島東端までの徒歩旅行』を自費出版し、ドイツ語訳が出るほど売れたのち、ヨーロッパを旅する。帰国後、初小説『即興詩人』でヒットを飛ばし作家への糸口をつかんだ。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』『親指姫』など多数。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

体調管理を続けるコツは、記録し、それを頻繁に見直すこと。

どんな計画や目標も、心身の健康の上にはじめて成し遂げられるもの。私もまだまだ頑張りたいから、今年は生活習慣を見直すところから始めなければ、と思ってます。

ことばは怒りに病める心の医者となる。

たいていの人は、剣によるよりも、飲みすぎ、食いすぎによって殺される。

予防は治療に勝る。

健康は体のコンディションの問題ではなく、心の問題である。

経営者は本来、会社を良くし、成長させるために全力を尽くすべき存在なのだから、健康に留意するのは当然。

社員が健康で幸せであるほど仕事へのモチベーションも高まり、さらなる事業の成功をもたらしてくれる。

健康は一日でつくり得ないですから、毎日続けることが大事。

自分の気分をなるべく一定に保つためには、身体と健康に気をつけるようにすることが大切だ。私たちはストレスを感じていたり、病気だったりすると、他の人に親切になったり、ユーモラスになれないものである。普段は明るくて温厚な人物でも、風で熱っぽかったりすれば、不機嫌な顔になってしまうのも仕方がないというものだ。

ページの先頭へ