金子和斗志の名言|経営者は夢を語るのが大事

経営者は夢を語るのが大事。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

読書量が演じる役者の幅を広げる。

「社長は、正直に忠告してくれる忠臣のような部下を持つべきだ」と言う方もいます。しかし、上司に異を唱えるような社員は、組織内で生き残れないのがサラリーマン社会の現実だと私は認識しています。ですので会社組織で上司批判はほとんど期待できません。上司が独裁的であればなおさらです。そこで私は社外取締役に期待することにしました。社外の方なら、忌憚のない意見が出ると思ったのです。

一気にやろうとすると赤字を出すことになりますから、1社1社交渉して、一歩一歩階段を上りました。この一歩一歩の順番と投資のバランスが当社の蓄積です。

ミッション達成を最優先に掲げると、組織が暴走し、モラルが損なわれる恐れがあります。カネのために何でもやる、というチームでは、持続的な成長は望めません。このため、チームにはいいビジョンが必要です。それは簡単にいえば、社会の誰もが応援したくなるようなものです。

結局、「いかに高い価値を相手に提供できるか」でしょう。私はショー以外ではマジックをしません。クライアントと出演交渉をする際、マジックを見せて自分を売り込むことはしません。マジックを軽々に披露することは、対価を支払っていただくお客様に失礼だからです。

山低きがゆえに侮るべからず。

仕事柄、いろんな国に行き、いろんな人と話をします。そこでいつも残念に思うのは「日本は危ないから行きたくない」と思う人が多いことです。日本=地震、のイメージが非常に強いのです。このままでは、東京は上海やシンガポールに負けますよ。だから、もっと安全をアピールしなくちゃいけないと思います。日本は確かに地震があるし、これからも大きな地震がないとは言えない。しかし、日本は耐震技術が一番進んでいるから命に別状はないと、もっと声を大にして言うべきでしょう。

職権というのは一番下のレベルにいる人の手にあるべきだ。店に一番近い立場にいる人間が、本部に指示を仰がずとも決断できるようにすべきだ。それが人々を企業とともに成長させる唯一の方法だ。

私が意識しているのは、「失敗の反意語は成功である」とは考えないこと。普通は道が分かれた先に成功と失敗があり、成功に進めば○、失敗に進めば×と考えます。しかし、考え方を少し変えると、実は「成功・失敗」の分岐の前に、「チャレンジする・しない」という分岐があることに気づきます。今の自分がプレッシャーを感じる状況にいるということは、その時点で「チャレンジする」という道を選んだということです。そして失敗も成功も、チャレンジした先にしか存在しない。つまり、本当に×がつけられるべきは、「チャレンジしない」という選択をした場合であり、失敗の反意語は「何もしないこと」なのです。

グラミン銀行にいた間、貧困に苦しむ人たちをずっと見てきましたが、彼ら自身に責任はありませんでした。体制や仕組みが貧困を作り上げているのです。ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)は人々を小さな鉢から自由にしようという行為です。私が取り組んだ、無担保少額融資というマイクロクレジットはその一種にすぎません。なぜなら、ソーシャルビジネスが対象とすべき社会問題は貧困だけではないからです。

ページの先頭へ