金子和斗志の名言|経営者は夢を語るのが大事

経営者は夢を語るのが大事。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

それぞれが取り組んでいる仕事が、人生かけて果たしたい願いと一つに繋がった時、どんな試練も解決し、新たな創造をもたらす智慧と意志の力が溢れてくる。

久水宏之の名言|新たな創造をもたらす智慧と意志の力の源泉


いかに我慢して、やりたくないことをやるか。人生も同じで、頭の悪い人間は、やりたいことがあったらそれと逆のことをすればいいんです。嫌なことをやった奴が勝てる。僕がアダルトビデオで当たったのは、そういうことだと思います。我慢していくうちに、それが我慢ではなくなる。

高橋がなりの名言・格言|人生は嫌なことをやった奴が勝つ


「今日一日を大切に生きる」。何事もこれに尽きるのではないでしょうか。日々の仕事をしていれば反省することは山のようにありますが、昨日を悔やんでも仕方ないし、明日一日を憂いても意味がない。今日一日をきちんとやることが明日につながるのだと思います。

古屋一樹の名言|今日一日をきちんとやることが明日につながる


30歳過ぎて、ちょっとは忙しい感じになりましたけど、忙しいなんていってるうちはダメですね、この世界では。上の人たちは、自分の番組を中心に、スケジュール調整もドーンとしてるじゃないですか。間違っても「いやぁ、忙しくて」なんて、いいませんよ。やりたい仕事を自分のペースでやっているんですから。それも楽しみながら。「ああ、忙しい」なんていっているうちは下っ端なんですよ。

吉村崇の名言|「ああ、忙しい」なんていっているうちは下っ端


変化に対応する力を養うには、お客様と同じ目線に立つことが必要。

木村浩一郎の名言|変化に対応する力を養うには、お客様と同じ目線に立つことが必要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ