金子和斗志の名言|最終的にはスタッフの人間力で決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローテクな世界なので、最終的にはスタッフの人間力で決まる。


金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

同じ失敗を二回繰り返さなければいいんだ。何も難しく考えすぎる事はない。

職人とは、ものづくりの本質に気付き技術が高まってゆく瞬間に幸せを感じるものです。

大企業の小型版みたいな組織をつくれば、ベンチャーが成功するなんて間違ったイメージを押しつけるキャピタリストなどは、会社を官僚主義にしてしまう残念な結果にしてしまう。

創業者であり祖父でもある江崎利一のこんな言葉があります。「商売は2×2=5(ににんが、ご)だ」。計算上は2×2=4となりますが、商売に関してその計算は当てはまりません。どれだけ発想がよくても、そこで満足してしまうと2、または3にしかならないこともあります。逆に人一倍の努力をすれば「5」つまり倍以上の成果を上げることもできるのです。

過去の話、いまの利権にこだわっている限り、未来は描けません。いま何をすべきか。未来の視点を議論の軸にしなければ。

当社では、限りある時間を最大限お客様のために用いることと、社員育成の時間を確保するために、営業活動は行っていません。また社員それぞれがやりたいことに応じて自分たちをプロデュースする育成事業のような意識も持っています。

ビジネススピードに対して危機感を持つ日本企業は増えていますが、競争力を高めるにはスピードアップだけでは不十分。取り組みの結果を可視化して、オープンな議論へとフィードバックし、改善しながら「正しい方向へスピードアップ」することが重要。

ページの先頭へ