金子和斗志の名言|最終的にはスタッフの人間力で決まる

ローテクな世界なので、最終的にはスタッフの人間力で決まる。

金子和斗志 の経歴

金子和斗志、かねこ・かつし。日本の経営者。ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」などを運営する「アイ・ケイ・ケイ」社長。佐賀県出身。高校卒業後、大手スーパー勤務、ホテル学校での勉強などを経て両親が経営するホテルに入社。父の急逝にともない29歳で社長に就任。ウェディング事業に参入し、同社を大きく成長させた。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自ら労して自ら食うは、人生独立の本源なり。

福沢諭吉の名言|自分で労働して生活することは独立の源


もっともらしい横文字が並ぶのは、駄目な企画書の典型です。社員全員が、カタカナ用語を知っているわけではないし、専門用語ばかりだと部署をまたげば意図が伝わらないケースも出てきます。

上田準二の名言・格言|典型的なダメな企画書


ノートを書くのが好きな人が陥りやすい失敗として、ノートという途中のものはよくできているのに、肝心のアウトプットの出来がよくないことがあります。書いたノート自体が美しい作品になってしまうと、かえって頭に残らないんじゃないかな。ノートに全精力を費やしても、頭を素通りしてしまっては、知的生産としてはムダです。ノートは通過点にすぎず、最終的には、他人にもわかる成果が出なければならないんです。僕はこれを「アウトプット優先主義」と呼んでいます。

鎌田浩毅の名言|アウトプット優先主義のススメ


「しないこと」を決められない人は、タスクを大きな塊として漠然と捉える傾向があります。その結果、目の前の作業に片っ端から手をつける、という仕事の仕方になるのです。その癖を改めるには、構成要素をできるだけ細分化して書き出しましょう。そのうえでタスクの重要性を判別していきます。

古川武士の名言|タスクの重要性を判別する前に細分化する


仕事にハプニングやトラブルはつきもの。それを前提にしたスケジュールを組まなければ、パンクしてしまうのも当然。リスクを考慮したうえでのスケジュール設定は非常に重要。1日8時間働くとしたら、5時間でできる予定にとどめておく。あるいは、1時間で終わると見積もった仕事でも、1.5時間とっておく。こうした余裕をもったスケジュールのほうが、結局早く仕事が終わることが多い。

吉山勇樹の名言|ハプニングやトラブルを前提にスケジュールを組む


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ