フレデリック・アミエルの名言・格言|習慣は格言に優る

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会生活では習慣は格言に勝る。習慣は生きた格言が本能となり、肉となったものである。


フレデリック・アミエル の経歴

アンリ・フレデリック・アミエル。19世紀ジュネーブ生まれのスイスの哲学者、詩人、批評家。ドイツ観念論の代表的な思想家フリードリヒ・シェリングや、心理学者フレドリック・ベネケに学ぶ。ジュネーブ大学で美学、フランス文学、哲学担当教授を務めた。死後、氏の30年以上にわたる日記が『アミエルの日記』として出版され大きな話題となった。アミエルの日記はトルストイなどに大きな影響を与えた

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

地道な努力を続けていると、必ず道は拓ける。

劣る者は匹敵する者たらんとして反抗し、匹敵する者は優れた者たらんとして反抗せん。これは改革を引き起こす心の状態なり。

苦しみこそ悟りの母という掟を立て、人間に思慮を教え給うた神なるゆえに、忘れ得ぬ苦しみは眠られぬ胸に染み入り否応なく悟りは訪れる。

何も目標がなかったり、普段から真剣に考えずに適当な目標を掲げたりするだけでは、努力も続かないのではないでしょうか。

人間に寿命があるように、われわれの人間にも、それがいつのことがわからないにしても、やはり一つの寿命があると言えるのではないかと思う。だからといって、努力してもつまらないと放棄してしまうようでは、人間でいうところの天寿を全うせしめることはできない。これはいわば人間はやがて死ぬのだから不摂生、不養生の限りを尽くすのと同じであろう。

努力は、人生を楽しくするものだと私は考えています。そうすれば、継続が苦になりません。

自分で100%の努力をするよりも、むしろ100人の1%ずつの努力を味方につけたいところだ。

自分が努力して名をあげる望みのないものは、人が自分の位置まで落ちるのを喜ぶ

長い道のりだった。しかし我々はここまで来た。

練習を楽しみ、技の開発を楽しみ、試合を楽しむ。この三つは同じくらい大切なことです。

ページの先頭へ