アイスキュロスの名言・格言|神の最上の贈り物

このエントリーをはてなブックマークに追加

正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


アイスキュロス の経歴

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちは自分のものを他と比べることなく楽しみたい。他人がより幸福であるということに苦しめられるならば、人は決して幸福ではありえない。

世界のあらゆることを信頼しないならば、人は決して欺かれることはない。

露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも、夢のまた夢。【覚書き|秀吉の辞世の句。絢爛豪華な大阪城を築き天下を統一した自分も、朝露のように生まれ、そして朝露のように儚く死んでいくという無常を詠んだ一句】

人生の事というものは、座敷で道中双六をして、花の都に到達するごときものではない。

中傷はうるさい蜂のようなものである。これを確実に殺すことができるという確信がないならば、手を出してはいけない。さもないと、前よりもいっそう激しく突進を繰り返してくるだろう。

私は意志が強いと思っています。でも、それは自分で強くしてきたのです。最終的には自分一人しかいません。両親や家族でさえ手伝ってはくれません。

いつも前進があるだけだった。失敗したら逃げ道がないと思った。旅の中止は私が自分なりに積み上げてきた実績を、一挙にフイにすることだ。そうしたら自分はもう何をしたらよいかわからなくなる。最初の屈辱の中に戻るだけだ。

生きていると言えるのは、お前の今日が明日を持っている時だけだ。

人生は一歩一歩順を追って前進す。世路は平々坦々たるものにあらずといえども、勇往邁進すれば、必ず成功の彼岸に達すべし。勤勉、努力、節倹、貯蓄、一日も怠るべからず。

シンプルさは究極の洗練である。

ページの先頭へ