アイスキュロスの名言・格言|神の最上の贈り物

正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。

アイスキュロス の経歴

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よく「いまの若い奴はやる気がなくて困る」といった声を聞きます。しかし、当社の社員を見ていると、最近の若い人間の方が、昔よりもやる気があるし、きっかけさえつくると、すぐにハートに火をつけてくれます。それも、うちの社員は高卒ないしは高校中退だったり、どこかで挫折を味わったことのある悪ガキと呼ばれる連中ばかりなのです。

海外では文化の違いがあります。同じアジアの中国と日本でも違います。欧米ではなおさらです。それは当社に限らず、国外に進出するあらゆる企業が直面する課題でしょう。ただ、現地の顧客が求めるものを的確に提供する方針は、どこでも違いはありません。

よりよい商品づくりのためには、お客様はもちろん、販売店などあらゆるステークホルダーから得た情報を、リアルタイムで把握、共有していく必要があります。例えば受注量に加え原料の供給状況などを生産拠点や倉庫、販売店などと共有できれば生産・販売面でのボトルネックがなくなり、サプライチェーンをより強化できるでしょう。また、お客様センターにいただいた声は私にも毎日メールで届くようにし、商品にかかわる重要な問題は工場などとも即座に共有する仕組みを整備しています。

安全対策のカギは、それを常に考え続けること。

主人公の中にあるちゃんとした倫理観と、そこからすごく逸脱してしまう部分のせめぎ合いは、自分の小説の特徴としてあるのかもしれません。私は、人間の破綻した部分にすごく興味があるんです。そういうところをじーっと観察するように見ちゃうんですよね。そうするうちに、王道の恋愛ストーリーから逸脱していってしまう。

葛藤などあり得ない。選択肢は「やる」だけ。どうしようなどと言っているヒマがあったらやればいい。

周辺環境を美しく整えると気分が引き締まり、無秩序なデスク上では知り得なかった新たな発見ができます。必要な情報に迅速にアクセスできるため仕事の質が向上し、効率もアップします。

アイデアというのは、いつでもボンと生まれるわけではありません。スランプもあります。そこで裏切らないのは「道具」ですね。技術の発見から生まれるアイデアには、スランプはないんです。実験をする道具に、最新の技術を組みこんで改造したら、かならず発見がある。

サラリーマンの方々には、会社に勤めて10年くらい経ったころに、自分のキャリアの棚卸しをすることをおすすめしたい。35歳くらいまでなら、再就職できるチャンスもある。独立できるかどうかを判断したり、この会社で骨を埋める覚悟を決めたりできれば、後悔のない人生を歩むことができるのではないだろうか。

自社だけで開発するのは困難になっているので、産学連携など、外部との協調や連携が重要になっています。ですので、米国での産学連携も進めていますし、日本でも東京大学の藤堂具紀先生とガンワクチンの研究なども進めています。

ページの先頭へ