アイスキュロスの名言・格言|苦しい経験は悟りの母

このエントリーをはてなブックマークに追加

苦しみこそ悟りの母という掟を立て、人間に思慮を教え給うた神なるゆえに、忘れ得ぬ苦しみは眠られぬ胸に染み入り否応なく悟りは訪れる。


アイスキュロス の経歴

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生を振り返ってみると、どうも月謝を払わずに勉強させてもらったことが多いようです。勉強というのは、目の前の相手から何かを奪い取ることだと思う。教えてもらうよりこちらから奪う。これがなくては、大学を出ようと、どこを出ようと意味がない。

努力に即効性はない。コツコツやるしかない。いつの時代にもいる一流選手と自分は何が違うのか。それを考えながらやるしかない。

優れた者となるためには、人の数倍の努力と苦労をしなければならない。人の寝るところは半分にし、人の食うところは半分くらいにしても、努力するところは人の10倍も20倍もやるだけの元気がなければならぬ。

期待感や目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、僕にある種の力を与えてくれることがある。

目的と方向性がない場合、努力と勇気だけでは不十分である。

苦しみは、苦しむ者がその限界を知り、その恐怖に想像を加えさせざれば、耐えられぬこともなく、かつ永続するものにあらず。

競走馬というものは、あまり頭が良すぎると駄目だ。少し良いくらいがいい。頭の良い馬は、戦況を自分で判断し、レースを途中で投げてしまうからだ。

ページの先頭へ