豊田章男の名言|疑問に思うことは全部やらなくていい

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちが「なんでこんなことをやるのかな」と疑問に思うことは全部やらなくていい。「こうやったら、面白いのにな」と思うことをやりなさい。


豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しい年が幕を開けた。ひとつはっきりしていることがある。残念ながら「待ち」ではろくな年にはならないだろう。「自ら動く」ことである。

人は生活が乱れていたり、素行が悪かったりすると、どんなに取り繕っても仕草や表情に出てしまうもの。

コマツは本社機能の一部を石川県に移しています。最初に移したのは購買部門で、数年ほど前のことです。これだけITが進歩しているので、どこにいても情報は自由に手に入れることができます。むしろ購買部門は工場にあった方がいいのです。

リーダーとして上からも下からも横からも一番信頼されるのは、仕事を「しょっている」人間です。仕事を背負ったふりをしている管理職は多いですが、これは最悪。ふりでは絶対に人はついてきません。背負うなんて格好のいい姿ではなく、必死で仕事を「しょっている」姿を周囲に見せる。そうすれば、必ず人はついてきます。

人間の失敗は、傲慢になることから始まるもの。

協力会社と我々は同じ船に乗っている。助け合わないと目標にたどり着かない。

自分の意見と違う論調の新聞って、読むのに抵抗感があるという人もいるでしょう。でも逆に、それを面白がるという発想が必要だと思います。「こんな見方ができるんだ」と思って読めば、新たな刺激になりますよ。

上司が話すことをできるだけ理解するように努めることが大切です。指示は必ずその場でメモを取ること。その途中で「私はこのように理解していますが、よろしいですか?」と確認をする。さらに、ただ聞いているだけでなく「いまの話は、ここがポイントですよね」とこちらの解釈を伝える。そうすれば上司も「それは……」と詳しく説明しようという気持ちになるものです。

布施はお金や物品の供与だけを言うのではない。自分の力を貸したり知識を与えたりするのも布施である。『雑宝蔵経』という経典には、「無財の七施」といって、たとえ財産や地位はなくとも布施はでき、それによって周囲の人たちの心を和ませ、自身の徳を積むことができるという教えが説かれている。

準備の前提となるのが現状分析。自分たちの強みはどこか。世界のライバルは何に優れているのか。彼らとの戦いに勝つために、どのような事前準備、対策を打たなければならないのか。そのような冷徹な分析を経ることで初めて、独自の作戦、クリエーティビティーが生まれる。

ページの先頭へ