豊田章男の名言|疑問に思うことは全部やらなくていい

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分たちが「なんでこんなことをやるのかな」と疑問に思うことは全部やらなくていい。「こうやったら、面白いのにな」と思うことをやりなさい。


豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

SNSによる人脈づくりにも、人によって向き不向きがあります。ネット上とはいえ、その人の人柄は自然とにじみ出てくるものです。気軽にメッセージを投げかけやすい「いじられキャラ」の人は、デジタルの世界でも場が盛り上がります。その結果、より多くの人とつながりやすくなります。一方、あまり向いていないのは、とくに好きなことがないという人です。

伝えたい主題をより目立たせるようにするのが「編集」という作業。ある意味、「自分」を消していくこと。

ホームページの文章を作成するとき、まず、どんな人に来てもらいたいかを考え、それに関連したキーワードをできるだけ多く書き、そのキーワード検索で上位にランキングされる工夫をすることです。社員ブログや自社関連のメルマガ、SNSなどにキーワードをちりばめ、そこから自社のオフィシャルサイトに飛べるようにするのもひとつの方法でしょう。

どんな人にでも、必ず優れた点があります。まずはそれを一生懸命に探すこと。そしてその美点を、「こういうところが素晴らしい」と言葉で相手に伝えることが大切です。自分が相手を認めれば、相手も自分を認めてくれるようになります。そうして自分が一番苦手な人を好きになることができれば、この世から敵がいなくなります。

中には、「自分は7時間も寝ていないが元気だ」という人もいるでしょう。しかし、短時間睡眠にもかかわらず眠気を感じないのは、疲労を感じるセンサーが働かなくなっているからなのかもしれません。放置しておくとうつ状態を招く危険性があります。

人口減少で、市場は縮小傾向にあるので、新しいものを創造していかなくてはいけない。

時代は刻々と変わりますから、日本も変わるのがあたりまえ。

ページの先頭へ