豊田章男の名言|改善をつなげると改革になっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

改善は改革とは違うとよく言われます。しかし改善、改善、改善、改善とつなげていけば、必ずそれは時間がたってみると改革になっている。


豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

兄貴(義兄の松下幸之助)は尋常小学校、俺は高等小学校(現在の中学1から2年相当)。兄貴の方が3年早く社会に出ている。この差は一生かかっても追いつけないかもしれないな。

気に入った本の著者が文中で推薦している本を読むのもお勧めです。その著者の思想に影響を与えた本を追えば、芋づる式に知の世界が広がります。よさそうな本だと思ったら迷わず買いですね。新書はたかだか700円程度。700円をケチって、人生を変えるほどの出合いを逃すのは、もったいないことです。

日常生活の中では、僕は「こだわり」を持っていません。でも、仕事に関しては一つだけこだわりがあります。それは、いつでも真っ白に戻れる「潔さを持つ」ことです。「仕事の原点に戻る勇気」「素直さ」「柔軟性」とも言い換えられるかもしれません。

パナソニックを辞めない理由が2つあります。ます。1つは、私がまだパナソニックで明確な成果を出していないから。One PanasonicやOne JAPANは社会の活動。「濱松はパナソニックで何したんや?」といわれたら、自信を持っていえることがないんです。それが私の中でコンプレックスになっているので、とにかく何か圧倒的な成果を出したい。これはもう意地ですね。もう1つは、「ロールモデル」になりたいなと。これからの働き方として、二足のわらじ、三足のわらじをあたりまえにしたいのです。

現金をたくさん持っている会社の場合、ほかに使うところがなければ配当で払いだすのは良い選択だと思います。しかし、1日しか株を持たずに配当を要求し、受け取った瞬間に売ると、その会社は抜け殻になってしまう。株主の権利を主張して、配当を全部払い出させ、次の瞬間には株主でなくなってしまう。我々はそういう一回限りのビジネスはしません。

後世への最大遺物は、勇ましい高尚なる生涯である。

無駄な残業はしないと決めたことで、会社に依存せず、自分でキャリアを考えて、予定を立て、実行していく意識が培われていったと思います。多くのビジネスパーソンは、自分の予定を会社に決めてもらって、時間が余ったときに初めて自分で何かをするかを考えていますが、私はそういう状態に陥らずに済みました。

ページの先頭へ