豊田章男の名言|改善をつなげると改革になっている

このエントリーをはてなブックマークに追加

改善は改革とは違うとよく言われます。しかし改善、改善、改善、改善とつなげていけば、必ずそれは時間がたってみると改革になっている。


豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

孫子の謀攻篇「百戦百勝は善の善なるものにあらず。戦わずして人の兵を屈するのは善の善なるものなり。」。なぜ、百戦百勝が最善とは言えないのか。100回戦っているうちに、財力や体力を擦り減らしてしまい、101回目に第三者に漁夫の利をさらわれてしまえば、愚かの極みでしかないからだ。

伸びる会社というのは、社員の目がキラキラ輝いている。これからも社員がいきいきと働くことができるような会社風土をつくっていきたい。

守りの姿勢であっては会社の維持・発展は難しい。

朝起きた時いつも「今日だ」と思うんです。昨日どれだけ飲んで二日酔いでも、「今日だ。今日のはずだ。今日は今まで書けなかったものが書ける日だと信じよう」と。今日は必ず自分にとって大事な1日になるぞということを、あえて思うようにしているんです。

当社では、前作のパフォーマンスを超えないクラブは絶対に発売しないというポリシーを貫いています。

出勤後の3時間については、特に2つのルールを設けています。1つは「自分に課題を与える」。もう1つは「中長期的なことを考える」。

心をこめてやれば、ごく小さな仕事でも光り輝きます。

数学が得意な方がプログラミング思考に馴染みやすいとは思いますが、本質的には関係ないと思う。私は数学が苦手ですし(笑)。

安かろう悪かろうではリピートしてもらえません。ほかのホテルの追随を許さない独自性がなければやる意味がありません。

自分の店を開店したときはこんなはずじゃなかったってことばかりだよね。でも、そこからが本当の勝負なの。自分を捨てて、馬鹿になってやるしかない。涙が出るほどの仕事をしてさ。一所懸命にやっていれば、ちょっとほめられても涙が出てくるものでしょう?そうやって必死になってあきらめないで2年3年とやるうちに、ようやく花が咲きはじめるんじゃないのかな。

ページの先頭へ