豊田章男の名言|トヨタの改善魂

このエントリーをはてなブックマークに追加

「今よりもっといい方法があるはずだ」「今よりもっといいことができるはずだ」。私はそう信じています。それこそがトヨタの改善魂です。


豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの場合、相手への苦手意識はコミュニケーション不足によるものです。苦手と思っていた相手でも、話をしてみたら誤解だった、という経験はないでしょうか。仕事でも、情報が多いほどミスが少なくなるように、人間関係も、相手をよく知れば、苦手意識は薄れるものです。質問の内容は、仕事の話題よりも、子供のころの話や、ペットやお子さんの話題などがいいでしょう。その人自身は褒められなくても、子供時代のその人や、ペットやお子さんについてなら褒められますよね。そういう話題から少しずつ話をしていけば、苦手意識もやがて薄れていくはずです。

できる営業マンになるために大切な要素が「目標設定」、つまり数字に積極的にこだわることです。数字の縛りを外してしまうと、営業マンではなく、御用聞き、もしくは単なるいい人になってしまいます。

創業時から今も心がけているのは、会社を楽しくすること。社員の幸せを最優先して、社員の能力と意欲を高める手助けをする。これが会社に好循環を生む秘訣だと思っています。

マイペースに自分ができることをやるしかない。ミミズの中でがんばっているうち、気づいたら蛇くらいにはなっているかもわからんし。

社長就任後すぐに、午後8時以降の残業禁止を全社に通達した結果、残業は大幅に減りました。それだけではなく、社長直轄の業務改革室を作り、無駄な仕事を見直しました。仕事の生産性を高めることは、収益構造改革にもつながっています。

欲しい人材は感度の高い人です。常に現場に行って気づきがあり、何かを得てくる人。現場で見つけた点と点を線や面にできる人材が欲しいし、育てていく必要がある。だから、入社した後も、徹底的に現場に連れて行きます。やはり基本はOJT(職場内訓練)です。上司が背中を見せるしかない。

現場ではセンスだけで仕事ができるわけではありません。私も若い時代は失敗しましたし、へこむわけですよ。「会社にいくら損をさせてしまったのか……」というような。しかし、へこむばかりでは能がないですから、「今回はいくらの損で処理し、次はいくら儲ければよいのか」と自分なりに計算するようにしました。

本来、仕事の効率化は何らかの目的を達成するための手段であって、目的ではない。年収2000万円以上の人は効率化によって空いた時間で何をしたいかを意識している。

営業力とは「案件数×ゲット率×案件単価=成績」の方程式で表される。「ゲット率」を上げるには、クロージングまで持っていく高いコミュニケーション力が不可欠。「案件単価」を上げるにも、単価の高い契約につながる富裕層の心をつかむ教養が必要。どちらもすぐに身につく力じゃない。でも「案件数」は、面談数を増やすだけ。いわば行動を増やすだけだから、どんな人でも今日からできるわけです。

あなたが周囲の注目を集め、存在を認められる存在ならわざわざ怒る必要はない。あなたの訴えや主張を相手に真剣に考えさせたいときこそ怒りを示すのだ。

ページの先頭へ