豊田章男の名言|トヨタの改善魂

「今よりもっといい方法があるはずだ」「今よりもっといいことができるはずだ」。私はそう信じています。それこそがトヨタの改善魂です。

豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

それまで会議当日に配布した資料を、事前に配布するようになりました。事前に読んで来れば、効率的に会議ができる。テレビ会議によってコストが浮くだけでなく、出張に伴う体の疲労もなくなりますし、往復二日かけていた会議が、一時間ですめば、営業マンはその分お得意先に飛んでいけます。営業効率も高まるというまさに一石三鳥の効果があります。

佐伯弘文の名言・格言|会議を効率化する


28歳でできないことは、たぶん45歳になってもできません。その事実にできるだけ早く気づきましょう。

小松俊明の名言|28歳でできないことは、たぶん45歳になってもできない


新しいことや突破しなければならないことに取りかかるときは、ある種の狂気が必要なのだと思います。吉田松陰が「思想を維持する精神は、狂気でなければならない」というような言葉を残していますが、自由でクレイジーな発想ができる人でなければ、新しい事業はできません。クレイジーと思われるほどの強い信念が必要なのです。

徳重徹の名言|自由でクレイジーな発想ができる人でなければ、新しい事業はできない


普通の会社とは違い、僕たちは金儲けのためにサービスをつくっているのではなく、いいサービスをつくるためにお金を稼いでいます。

マーク・ザッカーバーグの名言|お金儲けのためのサービスをつくるのではなく、いいサービスをつくるためにお金儲けする


私がアイデアを、妻が調理に接客、資金調達などを担当していました。そもそも喫茶店を始めたのも、カレーの味も妻のお手柄です。だから、私はどうやったら1人でも多くのお客様に喜んでいただけるかを一生懸命に考える。最初からお互いの役割が明確だったんですよ。

宗次徳二の名言|どうやったら1人でも多くのお客様に喜んでいただけるかを一生懸命に考える


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ