豊田章男の名言|何もやらないと企業はそこで止まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

何もやらないと企業はそこで止まる。だからこそ体力とチャンスがある間に、いろんなことにチャレンジしなければならない。


豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。

相手が「それはどんな意味?」と聞き返してくるような質問は、そこで会話がよどんでしまうのでNGです。

「理想を高く持って頑張っていけば、必ず状況は変わる」と信じて生きた。だからどんな時でも、「いやいや、まだまだだ。こんなことで潰されるものか。いつか本物の役者になってやろう」と思えた。

重要なことは、自分よりも優秀な人を少なくとも2人集めること。できれば自分とは性格や能力、得意分野が異なる人と組むのがいいでしょう。特性の違う3人ががっちりスクラムを組んでシナジーを発揮すれば、ビジネスはうまくいきます。

新しいことへのチャレンジはリスクもあります。でも知らないからやらないというわけにはいかない。

北海道と沖縄で全然違うのだから、そこにいる人(スタッフ)が「もっとこういう商品が欲しい」などと主体的に戦えなければなりません。

課長の意識はどうすれば変わるのか。意識改革のために導入した制度のひとつが、最長3カ月間のリフレッシュ休暇です。「3カ月も休んだら課はどうなる」と心配した課長もいました。しかし、いざ休暇を取ったら、帰って業績が向上する部署も出てきました。課長が長期休暇を取ったにもかかわらず、課の業績が向上した理由は単純です。人材育成など、本来課長が果たすべき職責を果たさず、課員に任せるべき仕事をしていたからにほかなりません。課長の仕事に対する意識は大きく変わりました。

ページの先頭へ