豊田章男の名言|何もやらないと企業はそこで止まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

何もやらないと企業はそこで止まる。だからこそ体力とチャンスがある間に、いろんなことにチャレンジしなければならない。


豊田章男(モリゾウ) の経歴

豊田章男、とよだ・あきお。日本の経営者。トヨタ自動車社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部卒業、米国バブソン大学経営大学院でMBAを取得。その後、米国の投資銀行A.G.ベッカー勤務を経てトヨタ自動車に入社。生産管理や営業の部署で成果をあげたのち、GM(ゼネラルモーターズ)との合弁会社NUMMI(ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング・インク)副社長、トヨタ自動車取締役、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、日本自動車工業界会長などを務めた。「モリゾウ」の名でレーサーとしても活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「仕事ができる人」というと何か特別なことがあるのって感じがしますが、おそらくそんなものはどこにもないし、教えられるもんじゃない。それこそ失敗を繰り返しながら薄皮を剥ぐように身につけたことの方が役に立つんじゃないでしょうか。僕だって日々の撮影の中でいろんなことを試して、そのなかで次につながっていくのは、せいぜい1割か5分程度です。そんなもんですよ。

自分に起きることはすべて、無駄にはならない。この時の辛い経験が、後のメダル獲得につながるターニングポイントになった。
【覚え書き|足の手術をした当時を振り返って】

タリーズ1号店を作るために、生まれてはじめて7000万円もの大金を借りた。私は借用書に印鑑を捺す前に、自宅近くのコンビニをまわった。そしてアルバイトの募集状況と自給を調べ、1日15時間働けば、30年程度で借金を返済できることを確認した。別に失敗したからといって、命まで取られるわけではない。あとは自分の力を信じて、挑戦し、最後まで諦めないことだ。

経営戦略を実行に移すのはスタッフではなく、経営トップの仕事です。

30代後半からの年代は中間管理職となり、仕事でマネジメント能力を求められる機会が多いものです。資格でいえばコンサルティングが身につく中小企業診断士や人事・労務のエキスパートになれる社会保険労務士あたりが最適です。

本学に来る学生は必ずしもエリートではない、いわゆる普通の若者です。社会にはエリートも必要ですが、まずはきちんと自分の責任を果たし、行動できる人間になってほしい。今はそういう人材育成が必要です。

一番大事なのはマツダ車を買っていただいたお客様にきっちりと満足してもらうことですね。次回もマツダ車に乗ってもらうことにつながる。

人員削減は、単に何人減らしたから人件費をその分削減できるという数字の足し引き算段ではありません。できるだけ早く会社の再生をするために、必要な組織をつくり、そのためには誰がどういう役割を果たすのかを明確にしなければいけません。コア人材には会社のこれからのビジョンを語り、本人に求めたい役割をしっかり伝えることです。

ある層をターゲットにするならば、その層の中で「この人」と決めて、彼もしくは彼女に向けたものをつくり上げようとします。それも、ペルソナマーケティングでやるようなと架空の人物を設定するのではなく、自分が知っているリアルな人物、本人の顔を思い浮かべながら考えます。そのほうが結果的に多くの人を巻き込んでいけるように思うのです。

アライアンスは双方の冷徹な戦略に基づいた、限られた期間の暫定的な事業の形でしかありません。最終的に自分で引き取るのか、相手に渡してしまうのか。アライアンスがうまくいった時だけでなく、失敗した時も想定しなければいけません。

ページの先頭へ